忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「魔王物語物語」
http://members.jcom.home.ne.jp/wtetsu/maou/

RPGのフリーゲームです。

魔王物語物語








普段から、戦闘の面白いRPGは何だろう?
と考えていましたが、一つの答えが ここにありました。


なかなか やり込んじゃいましたよ

(プレイ時間 27時間
全滅回数 55回



前情報無しで遊んでみました

タイトル的にも、シナリオで遊ばすゲームとばかり思っていましたが
開けてびっくり ひたすら戦闘を遊ばせるゲームでした

以下、システムの紹介です。


--------------------------------------------------------------------

●おもしろエンカウントシステム

名前はアレですが・・・
このゲームの根幹をなす ゲームシステムです。



・基本は シンボルエンカウント
 フィールド上をうろついているモンスターに近付くと戦闘です。

魔王物語物語







 本来なら、ここでいきなり戦闘開始! ですが
 このゲームでは、戦闘開始まで 数秒の猶予時間があります
その間、移動可能  敵も移動しています)

 そして、その猶予時間中に 他のモンスターに近付いてしまうと そのモンスターも一緒になって襲ってきます




・このゲーム、基本難易度が高いので
1匹相手だったら勝てるけど 、2匹以上に襲われたら勝てない なんて言うのもザラです


結果、エンカウントが開始してから 戦闘開始 までが凄い熱いゲームでした。
(他の敵とエンカウントしないように 逃げ回ったりとか)




・複数エンカウントにも 利点が

すると、複数の敵とエンカウントするのは損か? と言うと、そうでもありません

敵とエンカウントした場合、その場所に敵が現れます。

攻撃した時に 近くの敵を巻き込んでダメージが与えられるシステムがあり
敵をうまく同じ場所にエンカウントして
必殺技でまとめて殺す と言う戦法もできます。

魔王物語物語








ただし、エンカウントに失敗して 一匹は右で、もう一匹は左でエンカウントしてしまうと死ねます。
(この辺りは、アクションの腕)

魔王物語物語











・更に 複数エンカウントには 利点が

複数エンカウントして勝利した場合
経験値と、アイテムドロップ率にボーナスが入ります。

これはニクイ!
ちょっとくらいなら無理して、たくさんエンカウントしたくなりますね
(そして、調子載りすぎて死ぬと)




・逃げるのコマンドが無い

逃げれませんので、エンカウントミスって フルボッコされる場合は
潔くゲームオーバーになってください



--------------------------------------------------------------------

●ビンの数だけしか回復アイテム持てないシステム

これまた、名前はアレですが・・・

HPとMPのリソース管理が とても熱いゲームでした。


・回復アイテム、回復魔法 など無い
(厳密には例外はありますが)

このゲーム、回復手段が かなり限られます


ゲーム中、ビンを手にいれられ 回復の泉から「HP回復薬」「MP回復薬」を入れることができます。

魔王物語物語





冒険中は、それ以外の回復アイテムはありません!!

本当に少ないので、無駄遣いできません



・自然回復

もう一つの回復手段は 戦闘終了後の自然回復

戦闘終了後、フィールド移動中に HPとMPが じわじわと(ちょっとだけ)回復します。
回復したい場合は、戦闘は終わってから アクションゲーム的に敵シンボルから逃げ回る事になります。


また、これにより おもしろエンカウントシステムの「何匹の敵とエンカウントするか?」が、面白さとしてリンクしました。


例) HP50 のキャラクター
   敵1匹を倒すのに、10のダメージを受け
   戦闘終了後、HPが5 自然回復する

とします。

1匹ずつ倒した場合

50
→ 40(1匹目) → 45(自然回復)
→ 35(2匹目) → 40(自然回復)
→ 30(3匹目) → 35(自然回復)
→ ・・・ → 5(8匹目)

と、8匹倒せます


これが、2匹ずつ倒した場合

50
→ 30(2匹目) → 35(自然回復)
→ 15(4匹目) → 20(自然回復)
→ 死ぬ

と、4匹しか倒せません



このように、二つのゲームシステムが、見事にリンクしていて 面白かったです。



--------------------------------------------------------------------

●なんでも装備システム

名前は(以下略)


各キャラには武器と防具の他に 3つ、なんでも装備枠があります

ゲーム中の全てのアイテムは、ここで装備できます。

魔王物語物語







装備するアイテムによって、上がるパラメーターはアイテムによって違いますし
アイテムによっては、使える技が増えたり、特殊能力が付いたりします。


組み合わせによって、攻撃力特化や、防御特化必殺技特化など いろいろカスタマイズできます。


と言うか
レベルアップで上がるパラメータ』 <<<<< 『装備のパラメータ』ですので
うまく活用しないと 攻略できません。


--------------------------------------------------------------------

他にも、

料理システム
家具のようなものシステム


などありますが、割愛


システム紹介はこんな感じで

ゲームシステムがうまく噛み合い、ひたすら飽きずに戦闘をし続けられるゲームでした。


ゲームの感想については、別記します。
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/110/
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/111/

同人誌「魔王物語物語のつくりかた」 については、こちら
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/115/

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[08/18 モンクレール ブランソン コピー]
[08/17 located here]
[08/17 resource]
[08/17 シュプリーム 激安]
[08/16 Ana Clara]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]