忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
フリーゲームのRPG  「魔王物語物語
http://members.jcom.home.ne.jp/wtetsu/maou/

その感想です。

システム紹介については ↓ 
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/107/  )
(ゲームの感想 については ↓
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/111/ )
(番外 同人誌 「魔王物語物語のつくりかた」については
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/115/ )



あ、ちなみに 基本的に 攻略情報無しでプレイしました。

今回はネタバレ気味なので、遊ぶ予定の方は 後半見ない方が吉です。

--------------------------------------------------------------------

●とにかく殺してくるゲームです。

このゲームの最大の特徴は プレイヤーを殺してくること

僕も 55回、ゲームオーバーになりました。
ゲームオーバーになると、所持金半分で復活 なんてヌルい事は無く
セーブした所まで やり直しです

1時間遊んでいたとしても、ゲームオーバーになれば その時間は無駄になります!

魔王物語物語










ここで、”ゲームの難しさ”と”面白さ”について書こうと思っていたのですが
CEDEC 「デモンズソウルのゲームデザイン」で、見事に解説されていたので ちょっとしょんぼりしました。
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/36/


ゲームの難易度が高い方が、
ゲームを乗り越えた時の達成感を高い と言う所ですね。

かつ、ゲームオーバーになっても 挫けずにゲームを続けてもらう作りが 如何に出来ているか? と言う点も重要です。



プレイヤーを殺してくる「魔王物語物語」ですが、
意外と ゲームオーバーになる事はありませんでした

それはひとえに、殺されるのは 以下の2パターンだからです


・プレイヤーに過失があった時、殺される

→ 調子に乗って、勝てる数以上の敵とエンカウントした
→ 調子に乗って、勝てそうにない敵に挑んだり、勝てそうにないエリアに行った

つまり、殺される事に 納得感があります。



・制作者が意図的に仕掛けた場所で殺される

これは、ちゃんと気をつければ 2度目は殺されないです。
初見で殺されるのは、まぁ そう言う物と言うか・・・ 諦めましょう。

しかし、プレイヤーとしては 「うわっ、やられた!」と言う強烈な思い出が残るので幸せです。
(制作者に対する信頼感が失われる と言う諸刃の刃的な危険性もありますが)

ちなみに、こんな殺し方をする時は セーブポイントが近かったりと リカバリーしやすい事が多いので親切?





人と言うのは、ネガティブな印象を強烈に覚えてしまう物ですので

実際にはあまり殺されていないに関わらず
魔王物語物語」 = 「殺されるゲーム
と言うイメージを、 うまくユーザーに与えてるのは きっと狙いであり、うまいと思いました。


--------------------------------------------------------------------

●思い出に残っている 殺され方


・殺人ネズミ

なんか、こんな所に ネズミ(最弱モンスター)がいるぞ
・・・この時期では勝てないような、とても強いネズミでした

→ 殺された  orz

このゲームを遊んだ人にとっては
殺人ネズミに殺された?」 → 「もちろん!
のやり取りが合言葉になる事請け合いです。

(基本は、無視して進めばいいです)



・イカ

水中に潜ると、30秒だけ息ができます。

ある 水に浸かった地下通路を進むシーンで・・・

息がやばい! おっ、あそこに息継ぎポイントがあるぞ!!

→ 息継ぎポイントには、強い敵(イカ)が待ち構えていました。
→ 殺された  orz

この瞬間、制作者の狙い通りにハマった気がして悔しかったです




・黄金の小石

お店で売っている、”とても高い商品”を買うために、30分ほど お金を稼ぐプレイ

→ 頑張って 買えたぞ!
セーブする前に 試しに使ってみよう!

殺された  orz

町では殺されない と言う暗黙の約束を 破ってきたのです
この瞬間、僕は 制作者の事を信じられなくなりました
(僕の30分を返して・・・)

(ちなみに、この”高い商品” と言うのは
使用すると試練が与えられ、成功すると 強力なアイテム入手 、失敗するとゲームオーバーと言う物です。 )



・I can fly!!

崖の前にて

魔王物語物語






押すなよ! 押すなよ!
って言われたら、押したくなるのが 人の性です。




・ファンタジー

なんか、ちっこい 弱そうな敵がいるぞ!

→ orz




こんな感じで殺されまくりました
制作者の狙った お手本通りに殺されたかも・・・

それでも めげずに最後までやりました。
めげずに遊べた と言うのは、それだけ うまく作られているんだと思います。


そもそも、こんな記事を書かせている時点
作者の狙いは 見事に成功していると思います。


--------------------------------------------------------------------

おまけ

ゲーム中に いつでも見ることのできる ”全滅記録

魔王物語物語







こんなのがある時点で、作者は 確信犯だ と言う事がわかりました。
 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
まももは戦闘の参加人数が少なく
移動画面と戦闘画面の切り替わりも無いので
(クロノトリガーみたく音楽の切り替わりは
あっても画面は変わらない)
ゲームのテンポが良く、殺されてもあんまり
がっかり感は感じなかった。
重厚なシナリオとか、派手な演出とかそういう
余計な物をはしょりまくった淡白さがプラスに
なっていると思う。
あのスピード感は死にゲーには重要。
オナニート 2010/08/10(Tue)12:30:09 編集
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[03/26 Paulo Cauã]
[03/24 como ganhar dinheiro na internet com baixo investimento]
[03/24 セリーヌ コピー 店舗]
[03/24 como ganhar dinheiro na master liga pes 2013 ps3]
[03/23 João Antônio]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]