忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、新しいTCGの発売が活発になっています。

一時期、新規ゲームが出ない不作な時期もあったため
個人的には喜ばしい事です。



とりあえず、新作TCGが発売たら 遊びつつゲーム性の把握を心がけているようにしていますが
さすがに ここまで増えてきては!
と言うことで、まとめてみました。

今回は3作品
 
  
ある程度、TCGを知っている事を前提とした記事になっています。

ゲーム内用語は すべてMtG用語を共通して使うようにしており、ご了承ください。

また、ゲームシステム的な観点でのみのレビューになります。
世界観などについては、イラストなどから感じ取ってください。
  
 
 
---------------------------------------------------------------------------

●スカイガレオン
シルバーブリッツ

ソーシャルカードゲームがTCG化された物です。

とにかく、ゲームシステムが本格的! と言うか、かなり複雑
ソーシャルゲーム発だけあって、シンプルなゲームだと高をくくっていたため 驚かされました。

 

また 先手、後手はあるけど ゲームの展開はほぼ同時行動 と言うのもなかなか珍しいです。
 
 
カードはキャラソーサリー

 
キャラは、コスト・攻撃・耐久
とよくある物に加え、素早さ があったり、特技・前衛、中衛、後衛スキルがあったり
なかなか情報量が多めです。


●ユニットの配置

フィールドは 各プレイヤー 3×3の陣地があり そこにクリーチャーを配置していきます。
 
この配置の仕方がキモと言うか、このゲームの最重要ポイントです。
 
 
(数字は キャラのコスト) 

・スキルによるけど、ほとんどの攻撃は自分の前方にいる相手にしか攻撃できません。
・前衛、中衛、後衛 の順にキャラを置いていかないといけません
・自分の前にいるキャラが居なくなった場合、キャラは前に進みます。
(カードヒーロー的な)
・前衛、中衛、後衛 と居る場所で、行える行動(スキル)が違います。


うん、いろいろ考える事がありますね

基本、エースや壁を前衛に置いて サポートなんかを 後ろに置く感じか



このゲーム キャラの召還にマナコストを支払うタイプでもありません
コストが27 に収まるように 好きなだけキャラを置いて良いシステム です。

コストが安いキャラをたくさん並べても良いし
いきなりコストが大きいキャラを置いても良いです。

このターン 配置したキャラの数だけ、土地が場に出されるシステム
のため、基本的には 序盤はコスト安いキャラでワラワラ
後半、大きなキャラを出して勝負

が定石なんでしょうね



●バトルシステム

キャラを配置したら、バトル開始!

敵味方の中から 素早さが大きいキャラの順番に行動し
マナを支払う事で そのスキルで攻撃します。
 
 
(例 赤い数字は 行動順番)
 
・キャラの行動順を把握しつつ
・どのキャラのスキルにマナを使うか
・キャラは 1ゲーム中1回だけ ”特技” と言う大技を使用可能
(ピンチになると打てるようになるなど、使用条件あり)

を考えないといけなく

お互い、7~8体くらいキャラがいる中でこれを考えないといけないため
これが 予想以上に考えること 多すぎなんですよねー



●まとめ

相手のキャラを先に7体 倒した側の勝利です。


いやぁ、このゲーム ほんとに選択肢が多い
盤面の要素がかなり複雑に絡み合って
(キャラの行動順まわりが大変)

キャラの速度をいじるキャラがいる場合 かなり悩まされます。


この辺り、デジタルゲームでやるようなゲーム性を アナログでやらせている感じですね
実際、遊んでいる感覚が デジタルゲームっぽかった


個人的には、こんな感じの濃いゲームシステムなTCGが出てくれるのは良いなと思います。




---------------------------------------------------------------------------

●ジーク・クローネ

GREEもTCGに参戦!

GREEのゲームをどんどん参戦させていくと言うタイトル
ゲームシステムは シンプルな方向性ですが、意外に良くできている?

カードのデザイン次第では、どんどん面白くなっていきそうな可能性を感じました。

 
 
キャラ(通常キャラと、進化キャラ)とスキルカード
キャラには、コスト と 戦闘力 とシンプル


さすが、わかりやすい


●ドロー、コストシステム

山札から裏向きで4枚 チャージ


その中から 好きな枚数 手札に加え、残りのカードをコスト支払いに使います。
(コストを指定枚数 山札に戻すことで カードを使用できる。)
 
    
 
 
懐かしの、”神の記述” システムです。



●バトルシステム

シンプルながら派手なぶつかり合いが起きるバトルシステムです。


好きな数のキャラを攻撃に出し
好きな数のキャラで防御をします。

更に お互い手札から1枚ずつ アシストキャラノーコストで出すことができます。

 

このアシストキャラは戦闘に参加しつつ バトル終了後に捨て札に置かれます。
まぁ、手札があるなら 出さないと損ですね



そして、お互いの戦闘力の合計を比べあい 攻撃側の戦闘力合計が防御側を上回っていると攻撃成功
(写真の場合 28000 vs 18000 で、上側のプレイヤーが勝利)

相手プレイヤーにダメージを与えられ 5ダメージ与えたなら勝利
 

 
戦闘力の比べあいでの後
合計戦闘力を バトル相手のキャラに 好きなようにダメージを割り振り合い、戦闘力以上のダメージを受けたキャラは倒していきます。


・ダメージを受けた側のプレイヤーは 山札を2枚めくり、好きな方のキャラを召喚できる (逆転召喚)
・リカバリーエリアが空いていれば 死んだキャラは1枚だけそこに置け 2ターン後に復活させられます。

これらにアシスト召喚 加え
コストを払わず、どんどんキャラが出てくる辺りが派手でした



●まとめ

GREE発だけあって、シンプルなゲーム性が良いですね

その上で、若干の大味さはありますが キャラがたくさん出てきて派手なバトルが起きるのがポイントです


GREEのゲームキャラを実際のカードゲームに!
と言うのがコンセプトのこのTCGですが (第一弾は”聖戦ケルベロス”)
第2弾が ”進撃の巨人”と来て いきなりコンセプト崩壊したのが気になったりしました。

そりゃ、版権でユーザーを増やしたいのも分かりますし
GREEに、ソーシャルゲームの”進撃の巨人”があるので 分からなくは無いのですが・・・
 
 
 
  
---------------------------------------------------------------------------

●コロッサス・オーダー

SEGAが発売した オリジナルTCGです。

おおっ、SEGAが まだオリジナルのTCG出してくれるとは
アーケードの”コード・オブ・ジョーカー”含め SEGAはイケイケですね!

Vジャンプが 味方に付いているのが 強みだったりします。


そのSEGAが出した新TCGは一体どのようなゲームだったか と言うと・・・

かなり深い

基本的には MtG寄りのゲーム性ですが 独自要素が かなり特徴的で
スカイガレオンTCG”とは また違った奥の深いゲームでした。




●勝利方法は2パターン

・相手の山札を0にする。
・ジェムコンプリートする。

と言う 2パターンです。


前者強力なモンスターで相手をどんどん攻めて倒す
良くある 攻撃的な勝利方法です。

後者は 反面、特殊勝利に近い
相手の妨害を阻止しつつ、特殊勝利条件を満たす と言う
防御な勝利方法 みたいな感じです。


相手が どちらの勝利方法を満たそうとしているか? 読みつつ、
こちらの勝利条件を目指す と言う

ブラフや駆け引きがキモなゲームです。


奥が深そうな反面
パッと見 分かりづらそうなゲーム性が欠点ですね。



●ジェムカード

50枚デッキに 20枚くらい入っている 土地のようなカード。
このゲームでは、ほんとに重要な要素です。



これは複数の使い道がありますが・・・

・コロッサスジェム置き場に起き カードを使用するための条件を満たす

→ 使用条件に「白白」と書かれたカードは、白ジェムが2枚置かれていないと使用できない。
 (アクエリで言うところのファクター、ガンウォーで言うところの指定国力 の概念)


(自分のコロッサスジェムが 白白 と置かれている時
条件が 「白白」の左のクリーチャーは出せるけど 「白白白白」の右のクリーチャーは出せない)


・ロカス(土地)置き場に置き、ジェムコンプリート勝利を目指す。

→ MtG系で言うところの土地置き場に、好きなカードを裏向きに置き それをカードを使用するためのコストとして使えるようにするわけですが

→ ロカス置き場に 6枚のジェムカードが置かれている場合 「ジェムコンプリート」勝利をする事ができます。

  
←好きなカードを ロカスに置く   →ジェムコンプリート 達成!



基本的には 序盤は、カードの使用条件のために コロッサスジェム置き場に ジェムを置きつつ
余ったジェムは、ロカスに置いて 「ジェムコンプリート」を狙う感じでしょうか?


それ以外にも、手札のジェムカードを捨てて効果を得られるカード なんて物もあったりしますが
それを使っていると 「ああ、こいつは ジェムコンプリートを狙ってないな」と悟られて 相手の選択肢を減らしてしまう事があったりするのも
ジェムカードならではの遊びなのかな と思いました。



●クリーチャーカードの攻撃対象

クリーチャーが攻撃する際、攻撃対象の選択肢が複数あります。



・相手のタップ状態のクリーチャー

これは、デュエルマスターズ方式ですね


・相手のデッキ

相手のデッキを0にして勝利するための行動
そのクリーチャーのクラッシュポイント分、相手のデッキを減らせます。

正直、「ジェムコンプリート」で勝とうとしているプレイヤーは、これをしなくて良いのですが
露骨に デッキを殴らずにいると、相手に ジェムコンプリート狙いである事がばれるでしょう


・相手のロカス(土地)

これは、相手の「ジェムコンプリート」を阻止するための行動

相手の裏向きになっているロカスに対して 攻撃できます。
攻撃が通った場合、そのロカスを表に向けます。

→ ジェムでは無かった場合、残念 そのカードは土地として問題なく使い続けられます。

→ ジェムだった場合、そのジェムを破壊
  相手は1ドローしつつ、手札から 代わりとなるロカスを1枚裏向きで置く


まぁ、ロカスを攻撃して 当たりを引いたとしても 相手が1ドローしつつ 置き直しするので、ジェムコンプリートを完全に阻止できているか と言うと、運による所が大きいかな

と言う印象が大きかったですが、阻止するには やるしかないですし
1ドローさせる事で、微々たる土地破壊もできてる事ですし


ジェムでないロカスを殴ってしまった場合、何も得る物が無いので かなり悔しかったりします。


●まとめ

特徴的なゲーム要素はこんな感じですが かなり独特なゲームシステムです

初めて遊んだ時も 「これ、どうすればいいん?」と かなり悩まされました。

いやぁ、かなり選択肢が多く なれるまでは苦労しそう。


また、デッキ削り勝ち勝利が なかなか遠そうなのも気になりました。
デッキ50枚 (初手や毎ターンのドローを考えると削るのは30枚くらい?)
に対して 平均的なクリーチャーのデッキ破壊力は 1枚~2枚なので 何回攻撃通せば勝てるんだろう? と言う長さを感じました。
(ちょくちょく、ロカスを殴りにいかないといけないし)


この手のゲームに良くある 独自用語も 戸惑いました。

ロカス(土地)、フリート(速攻)、ゾア(飛行)、Xープレイ(割り込み)



このゲームは 慣れるまでが最大の壁
初めて遊ぶプレイヤーをうまく導入しないと、面白さに至る前に終わってしまう恐れが大きいのですが

オフィシャルサイトを見てみると、unityで動く とてもわかりやすいチュートリアルが公開されていました。

これの出来がとても良く
デッキ削り勝ち」「ジェムコンプリート勝ち」の2パターンの勝ち方を 説明をまじえて体験させてくれました。

いやぁ、こんな物を用意できるなんて さすがSEGAだな!
と思いましたよ



---------------------------------------------------------------------------

2~3年くらい前から TCG業界は飽和してきて、あまり新作とか出ないのでは?

と思っていた時期もありましたが、最近 また いろいろタイトルが増えてきて 喜ばしい限りです。


少し前だと 「Z/X」 や 「FFTCG」 「三国志大戦」 なんかも 出てましたね。

特に 「Z/X」は 今 かなり勢いあって 驚いています。



今回も 新作TCGまとめをしようと 少し前から準備していたのですが
気付くと 1記事で収まらないくらいになってきたので 2記事に分けてみた次第です。


相変わらず、TCGは ゲームデザインの塊で 楽しんでいます。

ただ、TCGは ユーザーの付き次第で 運命が大きく別れてしまうため
1年後 これらのタイトルがどうなっているのか? と言うのは、別の意味で興味あったりしますが・・・



その2 に続きます。

拍手[3回]

PR
先日、MtG(マジック・ザ・ギャザリング)禁止カードが発表されました。


------------------------------------

http://mtg-jp.com/publicity/001714/

告示日:2011年6月20日
発効日:2011年7月1日

《精神を刻む者、ジェイス》 禁止
《石鍛冶の神秘家》 禁止

ジェイス石鍛冶









------------------------------------


禁止カードから カードの価値について考えてみました

(主に MtGや、TCGを知らない人向け
知っている人にとっては、何も大した事無い内容だと思います)




----------------------------------------------------------------------

●今回の禁止カードについて

共に 強力すぎるカードです。


その中でも ”ジェイス”は、
2010年のグランプリ(世界大会)にて、ベスト8のプレイヤーのデッキに入っていた枚数は 32枚
(つまりは 全員が4枚入れていた)

全体でも ”ジェイス”の使用率は 88% 、”石鍛冶”の使用率は 70% と
異常な数字を出していました。


この2枚を使って組まれたデッキ 「Caw-Blade」は 大きな結果を出していて
健全な環境 とは言えない状態になっていました。

(実際、「Caw-Blade」は かなり強い)




----------------------------------------------------------------------

●カードゲーム開発者の仕事は カードに価値を与える事

禁止前は 大体

精神を刻む者、ジェイス》 1万円
石鍛冶の神秘家》  3000円

くらいの値段をしていました。

たかが、カード1枚にです。


このように、カードゲーム開発者ただの紙に価値を与える事が役目です。

しかし、カードを禁止する と言う行為は 価値を与えた物を 無かった事にするような物です。
禁止カードを作る と言う事は、それだけ 開発者の敗北を意味します。



ちなみに、開発者も 努力していました。


”ジェイス”対策のカードとして
ファイレクシアの破棄者》《オキシド峠の英雄》《最後のトロール、スラーン

それだけでは足りなかったのか、追加で
蔑み》と《呪詛の寄生虫
と言うカードを作りました。


が、実際には ジェイス” ”石鍛冶”の勢いを止める事は できなかったのです




結果、 ”ジェイス” ”石鍛冶”は暴れ続け そんな環境にプレイヤーは疲れ
実際に、マジックの大会の参加者が減る など 起きたとの事です。

開発者は 「カード2枚を守るのか?」 「マジックと言うゲーム全体を守るのか?」
と言う判断を迫られました。


開発者の言葉を引用する所の

人々がマジックをプレイしたくないなら、私たちは修正しなければならないのです。




----------------------------------------------------------------------

●禁止カードが出るのは 6年ぶり と言う事


しかし、例えば 1万円払って ”ジェイス”を手に入れたプレイヤーからすると
たまった物では無いですよね
(4枚だと 4万円)


それだけ、カードを禁止する と言う事は 罪の大きいのです。



特に マジックは 禁止カードを出すのは 6年ぶりです。

ジェイス”に1万円と言う価値が与えられたのも
禁止にされない と言う 信頼による所もあると思います。


いつ禁止され、使えなくなるかも知れないものに 大金なんて払えませんからね


それだけ、今回の禁止カード発表は その信頼を崩す事にもなってしまいました。




(極端な例として 「遊戯王」と言うゲームがあります

遊戯王」では 半年に1度 禁止・制限カードが発表されるのですが
多くのカードが、ビシバシ 禁止・制限されています。

遊戯王開発者も 禁止・制限される事前提で 強力カードを作っちゃうので困りものです。

そして、ユーザー側も この環境を受け入れていて
カードの価値も それ前提で判断しています。

→ 「このカードは、きっと制限されるので 1枚だけ持っていれば良いや」 )




----------------------------------------------------------------------

●けど、実は それほど ただの紙くずにはなっていない

と、禁止カードの問題について 書いたのですが

今回の ”ジェイス” ”石鍛冶”については それほど、ただの紙くずにはなっていません
(マジックを知らない上で 「1万円のカードが 紙くずになったらしいぞ」と言う話が飛び交っているのを見て 気になりましたが)


マジック開発者も ここについては、かなり慎重に事を運んだのだと思います。



実際、”ジェイス” ”石鍛冶”が禁止されるのは スタンダードルールのみ です。

エクステンデッドレガシー と言うルールでは 問題無く これらのカードを使用可能です。




そして、このスタンダードルールにおいて
最新の2年のカードのみが使える環境

そもそも ”ジェイス” ”石鍛冶”が使えるのは 後3ヶ月間だけ だったのです。




前々から ”ジェイス”を持っているプレイヤーにとっては

→ そもそも スタンダードで使えるのは後3ヶ月間だと 元々承知していた


昨日 ”ジェイス”を1万円で買ったのに いきなり禁止されたよ と言う人にとっては

→ 後3ヶ月しか使えないカードを このタイミングで買う と言う事は
 この後も、エクステンデッド とかで使う気まんまんだから なのでしょう

→→ エクステンデッドでは ”ジェイス”は使用可能です。
  紙くずには なっていません。





ジェイス” ”石鍛冶”を禁止するタイミングは もっとあったと思います。
(例えば グランプリ ベスト8全員が ”ジェイス”を使っていて
強すぎると騒がれた 3ヶ月前 とか)


その上で、後3ヶ月 と言う 今のタイミングを選んだのは いろいろな考えがあったのかな と


・できるだけ カードの価値を下げたくない

→ スタンダード以外では 問題無く使えます
  スタンダードでも、本来より 3ヶ月早く使えなくなるだけです。

・”ジェイス” ”石鍛冶”の居ない スタンダードを プレイヤーに楽しんでほしい


この2つの最大公約数を出したのが 今回の禁止発表なのかな と思いました。




----------------------------------------------------------------------

そもそも 禁止になってしまうカードを作ってしまう事自体が問題なんですけどね


けど、出してしまったのは 仕方ない
その上で どう対応していくか? について興味深かったです。


今回は 禁止カードから、カードの価値 について考察してみました。



それとは別に、ゲームプレイヤーサイドとして

日本選手権直前に禁止するなんて、どういう事だ
Caw-Blade」で出ようと思っていたのに、今から 新しいデッキを用意しないといけない

・「Caw-Blade」が居なくなったら 「ヴァラクート」デッキが強すぎて そっちが暴れまくるんじゃね?



とか いろいろあると思いますが

そこについては、語る事できませんので 興味深く 様子を見てみようと思います。 
 

拍手[3回]

MtG (マジック・ザ・ギャザリング) のプレイヤー には、お世話になった人も多いんじゃないでしょうか?


ぴよぷー
が描く、レミィの漫画
永遠の初心者
レミィを交えて なんとなく マジックのルールがわかっちゃう漫画なのですが
先日、デュエリストジャパン誌時代の物を読んで 面白いな~ と思ったので、紹介します。


(しかし、デュエリストジャパン ~ ゲームぎゃざ ~ GAME JAPAN 
かれこれ 10年以上も愛されているキャラになります。
レミィって すごいな~~ )


---------------------------------------------------------------------------

レミィ










キイェルドの死者 出しまーーーーす」
(強い代わりに、場に出たとき クリーチャーを1体 生けにえに捧げないといけない人)


「で、エルフ  サクリファイス

はぁ?


「じゃ・・・  じゃあ・・・  エルフ 生けにえ・・・」
「いや、日本語にすりゃ いいってもんじゃなくて」


クリーチャー達の 「オレ?」 「さー?」 のやり取りが ほのぼのしていて 良い味出ています。


---------------------------------------------------------------------------

レミィ






「じゃー ブーメラン
そのマスティコア オーナーの手札に戻ってー

「・・・オーナー?」

所有者って意味だけど?」

「・・・・・・」

ジョン  マスティコア返すーー

「今!?」


---------------------------------------------------------------------------

レミィ




対抗呪文 で打ち消します!

「私 なんの魔法も使ってないのに 何を打ち消すのかにゃー?」

そこに出てる シヴ山のドラゴン

「何で?  理由は?」

キライだから・・・   ・・・じゃ ダメですか?



---------------------------------------------------------------------------

単色魔王 現る!

レミィ




マルチカラーのカードっていうのは 呪文コストに複数の色マナを使うカードのことよ」

「えーじゃあ、その色の土地が全部ないと出せないですね。
ということは・・・」

単色魔王 敗れたり!!」

「待てい!」

緑単なら 極楽鳥で全色出るのだ!

「ちっ その手があったかー」

金色入ってる時点で 単色じゃないじゃん
どーよ? そこらへん」

「負けた!」



---------------------------------------------------------------------------

レミィ










変な言い回し 多いっす」

手札にあるかのように  とか?」

「そーーーっ  あんのか ないのか はっきりしろって!!」


・・・わからんではないです。



---------------------------------------------------------------------------

センス良いですね~~

レミィ漫画 面白いです!

拍手[10回]

その昔、「デュエリストジャパン」と言う雑誌がありまして
(1998年 ~ 2001年くらい)

デュエリストジャパン










MtG(マジック・ザ・ギャザリング)に特化した雑誌で
中はもちろん マジックの記事ばかり


新カードの記事や、各種コラムはもちろん
マジックのゲームデザイナーによる、ゲームデザイン記事など
いまだに読み応え満点な雑誌で、休刊になったのが惜しまれる 良い雑誌でした。


そんな 「デュエリストジャパン」から、ある意味有名な記事を紹介



---------------------------------------------------------------

●デッキ・クリニック

読者から投稿のあったデッキを診断するコーナーです。
デュエリストジャパン






終わりのない”デッキ
デュエリストジャパン











詳細は省きますが・・・

緑白で、「尽きることなくデッキを再利用し続ける」が コンセプトのデッキ

しかし、いろいろな事をやろうとした あまりに
焦点が定まらず イマイチなデッキになってしまった との事


このデッキに対して、どんな診断が行われたか と言うと・・・


---------------------------------------------------------------

●ロバートの回答

・はじめに

上記のとおり、焦点が定まっていない事を指摘

その上で
デッキの戦略を研ぎ澄まし不必要な要素を思い切って削ぎ落とし、効率を著しく向上
より焦点のはっきりしたカードを追加して、デッキを修正した」

との事




・マナソースの絞り込み

この頃、特殊地形は破壊される恐れがあり
このデッキに入っている基本地形は 13枚。
これでは、頼りない
事を指摘


「そこで、これらの不適切なマナ供給源を、もっと信頼できる確固とした基本地形と入れ替えた。
そう、18枚の<>だ。」




・デッキスピードの向上

この頃、デュエルが どんどん高速化していて
低コスト帯のカードが重要であるに関わらず、投稿されたデッキにはそれが希薄である事を指摘。
序盤の選択肢を増やす事にした。


赤1マナで出せる <ジャッカルの仔> <モグの狂信者>の追加
赤2マナ枠では <鉄爪のオーク> <投火師>の追加

この時点で私は、このデッキには中盤以降 有効な攻撃手段が欠けていることに気づいた。
だが、この問題は<ボール・ライトニング>を4枚入れる事で 簡単に解決する。」




・クリーチャー除去カードに目を向ける

投稿されたデッキには <剣を鋤に> <平和な心> が入っていたが
もはや、白マナの供給源が残っていないので 代わりに<ショック> <火葬> を入れる事にした。




・墓地操作カードを見てみる

また このデッキには <Regrowth> <エルフの隠し場所>と言った 墓地操作のカードが入っていたが
残念な事に、緑マナの供給源も無いので 墓地活用呪文として<ボガーダンの鎚>を入れた。




・終わりに

こうして完成したデッキは、焦点がしっかり定まって
序盤の攻撃と防御手段も備わり、中盤以降の打撃力や終盤のゲームを決める要素にも事欠かないものになった。

今回は、未調整のデッキに対してマナを絞り込み、驚異の除去手段と防御を洗練させる事
トーナメントでも十分に戦えるデッキに仕上がったと思う。

デュエリストジャパン










---------------------------------------------------------------

ここで ポルナレフさんより 一言

デュエリストジャパン









「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

緑白デッキの診断をお願いしたら
赤単のデッキができあがった




これは ヒドイ
(診断前 と 診断後で、残っているカードは1枚も無し)



この記事について、編集部のコメントでは

「今回のデッキを託されたとき、ロバートは ちょっと興奮して冷静さを失っていたんじゃないか
我々は考えている。」

と フォローしていた。



当時を知る人なら 「ああ、あれね
と語り草になっている そんな記事の話でした。

拍手[1回]

牙TCG につきまして、トレード希望 と言う形で
希望 と 提供 を書きます。


こんなご時世に、トレードしていいよ
と言う方 居られましたらご連絡いただけると幸いです。

メールアドレスは・・・

seki-seki-seki(あっと)hotmail.co.jp



---------------------------------------------------------------------------

●希望

003b       ニズールの魔具
087b       誓いし者の衣
089        純なる翼
2035       模倣メタル
2057a      シャードパイア
2057b      シャードパイア
2091       ワイルドハート・ストーン
2099b      ガイアの裁定
2113b      ヴェスピアの女祭司
2120       ゴリラ実験体#415
3036       死の舞踏
3044       司法委員会
3048       離反
3053       ドリームウィーバー
3066a      プリンセス・プリティハート
3066b      プリンセス・プリティハート
4006       死のとばりを開いて
4008       相対性
4016a      戦術指令
4016b      戦術指令
4035       壊滅的一掃
4041       タールピットドラゴン
4046       無効化



---------------------------------------------------------------------------

●提供

金銭

001      フェロフラックス
005      困惑の鋼鉄庭園
008      ジーモットの盗視鏡
009      煙の聖域      *3
010      警報秘儀
020      怒りの潮
034      サローンの神
040      アラーキ・ドレッドノート
049      モロッコの血塗られた拳
057      ペインリンク
058      押し包む腐敗      *2
072      クラーケンの悪夢ゼノトス
073      オクトン
078b     堕天使アズーサ
083      天使的存在
088      ジーコの杖
093      運命の風
095      取り消し
100      フラッシュ・バッファー
111      ハシマルの光スダモン
112b     ハシマルムの聖戦士      *2
116      闇を縛る者アプカレル
2002     プロニモ完全体
2003     情報処理ユニット
2004     リモート・ビューアー      *2
2010     テラフォーム      *3
2018     分解      *3
2021     穿孔ドローン
2032     デルフィーナ重装艦
2036     第二のオーバーマインド:ザン
2039     第一のオーバーマインド:イリディオン
2041     ラグアント      *2
2049     プロパガンダの中心地      *2
2050     消滅の坑      *2
2056     思考粉砕      *2
2066     テドゥの獣人
2071     整地アウスランダー
2074     結晶の女帝
2079     監獄D
2082     ランボス
2088     同族意識
2089     壜の中の嵐      *2
2092     春の歓び
2098     退化
2100     ローズウェーブ
2115     リーフドラゴン      *3
2118     巨大アンペロフィル
3001     ごまかしの衣
3002     創造の後に      *2
3003     こだまする呼び声
3004     覚醒      *2
3009     清算
3012     エイハブ・ブーンブーン船長
3013     ネオリッチ ティラン
3015     テクノメイジの冠
3017     止む事なき研究      *2
3018     ゲートウェイ
3024     プロフェッサーBOT5000      *3
3027     カージャッカー      *2
3029     ヴィラニーの収穫      *2
3031     迂回
3032b    襲撃      *3
3039     グランパス番長      *2
3040     雲上の野次馬族      *2
3042     暗黒宇宙の合唱団
3045     容赦なき束縛
3050     オードナングの航宙士      *2
3052     ゼンジー
3054     顔なし監視者
3055     イフのパトローラー      *2
3057     いたずら
3071     森の輝き
3073b    スリップストリーム      *3
3080     目覚めた大地
4005     再形成
4007     集う怒り
4010     ジェットビースト
4013     変わらざる者
4022     メタルジャケット
4025     ファンシーボタンちゃん      *2
4027     チクタクベアー
4032     生ける屍      *2
4037     サンダウナー      *2
4040     スタビガイル      *2
4050     オーステリアン      *2
4051     聖域のゴーレム
4054     金色の犯罪探索者
4056     審議会室
4058     天使的一掃
4061b    あがなうもの
4062     スウィーティーホーン      *2
4064     カステルム・ドラコニス
4066     バステト
4071     森の人の召喚
4076     バイエルンのサンクチュアリアン
4078     若き大陸の精霊
4079     サンダーサーペント
4080     森の守護者

拍手[0回]

HOMENext ≫
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[06/26 Ann Weaver]
[06/25 http://t.co]
[06/24 www.linux.ca]
[06/23 bvlgari snake diamond copy]
[06/23 linux.org]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]