忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、MtG(マジック・ザ・ギャザリング)禁止カードが発表されました。


------------------------------------

http://mtg-jp.com/publicity/001714/

告示日:2011年6月20日
発効日:2011年7月1日

《精神を刻む者、ジェイス》 禁止
《石鍛冶の神秘家》 禁止

ジェイス石鍛冶









------------------------------------


禁止カードから カードの価値について考えてみました

(主に MtGや、TCGを知らない人向け
知っている人にとっては、何も大した事無い内容だと思います)




----------------------------------------------------------------------

●今回の禁止カードについて

共に 強力すぎるカードです。


その中でも ”ジェイス”は、
2010年のグランプリ(世界大会)にて、ベスト8のプレイヤーのデッキに入っていた枚数は 32枚
(つまりは 全員が4枚入れていた)

全体でも ”ジェイス”の使用率は 88% 、”石鍛冶”の使用率は 70% と
異常な数字を出していました。


この2枚を使って組まれたデッキ 「Caw-Blade」は 大きな結果を出していて
健全な環境 とは言えない状態になっていました。

(実際、「Caw-Blade」は かなり強い)




----------------------------------------------------------------------

●カードゲーム開発者の仕事は カードに価値を与える事

禁止前は 大体

精神を刻む者、ジェイス》 1万円
石鍛冶の神秘家》  3000円

くらいの値段をしていました。

たかが、カード1枚にです。


このように、カードゲーム開発者ただの紙に価値を与える事が役目です。

しかし、カードを禁止する と言う行為は 価値を与えた物を 無かった事にするような物です。
禁止カードを作る と言う事は、それだけ 開発者の敗北を意味します。



ちなみに、開発者も 努力していました。


”ジェイス”対策のカードとして
ファイレクシアの破棄者》《オキシド峠の英雄》《最後のトロール、スラーン

それだけでは足りなかったのか、追加で
蔑み》と《呪詛の寄生虫
と言うカードを作りました。


が、実際には ジェイス” ”石鍛冶”の勢いを止める事は できなかったのです




結果、 ”ジェイス” ”石鍛冶”は暴れ続け そんな環境にプレイヤーは疲れ
実際に、マジックの大会の参加者が減る など 起きたとの事です。

開発者は 「カード2枚を守るのか?」 「マジックと言うゲーム全体を守るのか?」
と言う判断を迫られました。


開発者の言葉を引用する所の

人々がマジックをプレイしたくないなら、私たちは修正しなければならないのです。




----------------------------------------------------------------------

●禁止カードが出るのは 6年ぶり と言う事


しかし、例えば 1万円払って ”ジェイス”を手に入れたプレイヤーからすると
たまった物では無いですよね
(4枚だと 4万円)


それだけ、カードを禁止する と言う事は 罪の大きいのです。



特に マジックは 禁止カードを出すのは 6年ぶりです。

ジェイス”に1万円と言う価値が与えられたのも
禁止にされない と言う 信頼による所もあると思います。


いつ禁止され、使えなくなるかも知れないものに 大金なんて払えませんからね


それだけ、今回の禁止カード発表は その信頼を崩す事にもなってしまいました。




(極端な例として 「遊戯王」と言うゲームがあります

遊戯王」では 半年に1度 禁止・制限カードが発表されるのですが
多くのカードが、ビシバシ 禁止・制限されています。

遊戯王開発者も 禁止・制限される事前提で 強力カードを作っちゃうので困りものです。

そして、ユーザー側も この環境を受け入れていて
カードの価値も それ前提で判断しています。

→ 「このカードは、きっと制限されるので 1枚だけ持っていれば良いや」 )




----------------------------------------------------------------------

●けど、実は それほど ただの紙くずにはなっていない

と、禁止カードの問題について 書いたのですが

今回の ”ジェイス” ”石鍛冶”については それほど、ただの紙くずにはなっていません
(マジックを知らない上で 「1万円のカードが 紙くずになったらしいぞ」と言う話が飛び交っているのを見て 気になりましたが)


マジック開発者も ここについては、かなり慎重に事を運んだのだと思います。



実際、”ジェイス” ”石鍛冶”が禁止されるのは スタンダードルールのみ です。

エクステンデッドレガシー と言うルールでは 問題無く これらのカードを使用可能です。




そして、このスタンダードルールにおいて
最新の2年のカードのみが使える環境

そもそも ”ジェイス” ”石鍛冶”が使えるのは 後3ヶ月間だけ だったのです。




前々から ”ジェイス”を持っているプレイヤーにとっては

→ そもそも スタンダードで使えるのは後3ヶ月間だと 元々承知していた


昨日 ”ジェイス”を1万円で買ったのに いきなり禁止されたよ と言う人にとっては

→ 後3ヶ月しか使えないカードを このタイミングで買う と言う事は
 この後も、エクステンデッド とかで使う気まんまんだから なのでしょう

→→ エクステンデッドでは ”ジェイス”は使用可能です。
  紙くずには なっていません。





ジェイス” ”石鍛冶”を禁止するタイミングは もっとあったと思います。
(例えば グランプリ ベスト8全員が ”ジェイス”を使っていて
強すぎると騒がれた 3ヶ月前 とか)


その上で、後3ヶ月 と言う 今のタイミングを選んだのは いろいろな考えがあったのかな と


・できるだけ カードの価値を下げたくない

→ スタンダード以外では 問題無く使えます
  スタンダードでも、本来より 3ヶ月早く使えなくなるだけです。

・”ジェイス” ”石鍛冶”の居ない スタンダードを プレイヤーに楽しんでほしい


この2つの最大公約数を出したのが 今回の禁止発表なのかな と思いました。




----------------------------------------------------------------------

そもそも 禁止になってしまうカードを作ってしまう事自体が問題なんですけどね


けど、出してしまったのは 仕方ない
その上で どう対応していくか? について興味深かったです。


今回は 禁止カードから、カードの価値 について考察してみました。



それとは別に、ゲームプレイヤーサイドとして

日本選手権直前に禁止するなんて、どういう事だ
Caw-Blade」で出ようと思っていたのに、今から 新しいデッキを用意しないといけない

・「Caw-Blade」が居なくなったら 「ヴァラクート」デッキが強すぎて そっちが暴れまくるんじゃね?



とか いろいろあると思いますが

そこについては、語る事できませんので 興味深く 様子を見てみようと思います。 
 

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[06/26 Ann Weaver]
[06/25 http://t.co]
[06/24 www.linux.ca]
[06/23 bvlgari snake diamond copy]
[06/23 linux.org]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]