忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
「幻想郷 いたずら大作戦」


幻想郷 いたずら大作戦







えーきさまの目を盗んで いたずらするカードゲーム

チルノが凍らせてきたり、魔理沙が 盗んだり と いたずらしてきます。
そのいたずらの矛先を 他のプレイヤーに押し付ける と言う事を繰り返し
如何に 自分はいたずらされないか? を競い合うブラフゲームです。



ポイント
・ごきぶりポーカーを昇華させた 高度な読み合い


-------------------------------------------------------------------

これは、チルノのさんすうゲーム 
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/77/

を作った、あゆ屋 の 新作カードゲームになります。
http://ayuya5555.blog89.fc2.com/


夏コミ 発売予定



このゲームを 先行して遊ばせてもらいました。
このゲーム とても面白い!!!

と言う事で、その紹介です。



-------------------------------------------------------------------

このゲームのベースは ”ごきぶりポーカー”です。


軽くゲーム説明

----------------------------------------------------

プレイヤーは コウモリハエネズミさそりゴキブリカエルクモカメムシ の書かれたカードをランダムで手札に持っています。
それを、他のプレイヤーに裏向きで一枚 「これは ○○です。」と言って渡します。
(○○は 本当の事を言わなくてもよい)

それに対し、渡されたプレイヤーは

・「ウソ」か「ホント」かを 答える。
→ 正解すると渡してきた人に ダメージ、間違えると 自分がダメージ

・渡されたカードを 他の人にたらい回す
→ 渡されたカードを見てから、他の人にたらい回します。
 その時 「これは △△です。」と、宣言を言い換えてもよい。

これを繰り返し 誰かのダメージとして置かれたカードで 同じ種類を4枚集めてしまったプレイヤーが負けです。

ごきぽ








----------------------------------------------------
ここで、ひとつ

せっき~は、ごきぶりポーカー を面白いゲームだとは思っていないのです。


何故かと言うと・・・
ゲームが盛り上がり始めるのに とても時間かかるからです。



ゲームの序盤では、渡されるカードは ほぼ8分の1と あまりにもランダムすぎて
ブラフゲームと言いつつ、全く推測材料がありません


ゲームの後半 ある程度 カードが出回り始めてからは

ゴキブリで3枚ダメージを受けたプレイヤーに ゴキブリを渡そうとしたら 嫌がるだろう
・手札と場を合わせると クモが6枚なので、今 回っているのは クモである確率は低いだろう

と言う所などから 読み合い、駆け引きが生まれますが
そこに至るまでの準備が とても長いのです。



-------------------------------------------------------------------

そこで、「幻想郷 いたずら大作戦


基本ルールは ごきぶりポーカーのまま
数点 ルール追加をしています。


その中から 特徴的な3点を紹介




1.カード毎の内訳を 不公平にした。

ごきぶりポーカーでは、8種類すべてのカードが8枚です。
が、そこに不公平さを持たせました。


霊夢4枚魔理沙6枚チルノ10枚・・・ と言うように
その代りに、カード毎の減点を付けました。

霊夢-100点魔理沙-50点チルノ-20点
霊夢は、チルノ5枚分の減点です。

2枚しか存在しないカードなんて 1枚で -150点です。




2.手札に同じカードが複数枚あれば、同時に出せる


3.他のプレイヤーにたらい回す際、手札にある同じカードを付け加えて良い




追加要素のお陰で、次のような展開が起きえます。

1人目 「チルノです。」と言って、3枚 出してきた
2人目 「チルノです。」と言って 手札から1枚加え、4枚で たらい回してきた。
3人目 「チルノです。」と言って 手札から2枚加え 6枚で たらい回してきた。
4人目 「はい、これはチルノです。」と答える
   → 正解は 魔理沙 だった!
   → -300点!!    orz


これが本当に熱い!!



結果、

1.ゲームの
テンポが加速 (序盤から熱い展開に)
2.高減点カード、大量のカードが回ってくる事による 緊張感
3.新しい読み合い



と、ごきぶりポーカーをベースに と言いながら
全く新しいゲーム性では無いですか? これはっ

と言う、とても恐ろしいゲームになっています。

(正直、文章だけでは説明しきれない部分もあり
是非、一度遊んでもらうしか)



かつ、瞬間風速的な盛り上がりの展開が 何度も訪れる と言う
とても緩急のバランスが良いゲームになっています。



かつ ゲーマーでも と言うか、ゲーマーの方がより楽しめるゲーム性になっています。



-------------------------------------------------------------------

もちろん、特殊カードも あります。


答えを間違えたプレイヤーは 減点を受けつつ 特殊カードを貰え
これにより、不利になったプレイヤーも 逆転のチャンスが!


手札を見る」  ・・・ 誰かの手札を2枚見れる。
隠れる」     ・・・ 自分はカードを渡されなくなる。
白黒付ける」  ・・・ 使われたプレイヤーは、たらい回しができなくなる。 そこで決着を付けろ!
そんな事はない」・・・ 他の人が使った特殊カードを無効化


などなど


元はブラフゲームでありながら、特殊カードのお陰で 、それだけでは無い盛り上がりも楽しめます。


-------------------------------------------------------------------

と言う感じで、「幻想郷 いたずら大作戦」の紹介でした。


元々が ごきぶりポーカー と言う事で、実は 全く期待していませんでした
のですが、まさか こんな形で 良い意味で期待を外されるとは とても驚きました。


まさか、ルールを少し追加するだけで これほどゲーム性に変化を与えるとは
ゲームデザインの奥の深さを実感です。




同サークルの「チルノのさんすうゲーム」については
ノイ と言う、元々が面白いゲームを題材にしているだけあって 面白いのは、ある意味 当たり前なんですよね

それと比べると、この 「幻想郷 いたずら大作戦」は・・・

もう あゆ屋に足を向けて 眠れません。
 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[03/28 Fatima]
[03/28 sailpolice01.Canariblogs.com]
[02/20 通りすがりの猫]
[12/01 kz]
[07/18 名無し子]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]