忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
これは、2010年6月5日 に行われたセミナーの記事です。


IGDAの 第二回SIG-ARG研究会
「ARGの作り方: 体験から実践・運営まで」




ARGとは何ぞや? と言う方は こちらの過去日記もご覧ください。
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/8/
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/9/
http://sekigames.gg-blog.com/Entry/10/




前半の講演 ”ARG道 - 僕らが作る 虚構と現実を繋ぐ道”

です。

--------------------------------------------------------------------

●まずは自己紹介


講演者  ニコルソンさん
http://www.web-nicholson.com/


ARGと言う言葉が 今年になってから、良く聞くようになった。
(広告業界からも)



ARGを専門にするチームを作りました。

企画(シナリオ)web技術者デザイナー の3人で構成



--------------------------------------------------------------------

●FUTURE PLAYER の説明

SFマガジン 創刊50周年記念ARG
http://report.shibuyafuture.com/


記念企画として、絵画展を開いていた。

その絵が 真黒でSOSと書かれた物に変わってしまった。

ARG









困っています、助けてください」と言う情報を、ネットで告知したり チラシを渋谷中に配った。
(ラビットホール)

→ iPhoneのセカイカメラで 渋谷のその付近を見ると エアタグにて滅んでいる渋谷の絵が たくさん現れる!



1. 指定されたホームページを見ると、手紙として 挑戦状が出てくる

→ 挑戦状の問題を解き、指示通り 渋谷のある店に行き合言葉を言う

→→ 謎のCDと コインを貰う


2. CD内のデータを見ると 更に次の問題が

→→ ある店に、ガチャガチャがあり 貰ったコインを入れると カプセルが手に入る


3. カプセルに入っている紙から、電話番号を入手

→→ そこに電話をかけると 新たな情報が手に入る


4. オレンジ グリーン 赤 と 数字の看板
 その店にある機械に このパスワードを入れると 最後の情報が手に入るらしい


セブンイレブンFAX ネットプリントの機能を使う



無事クリア 、 エンディングムービーが見られる。

12月26日に 絵画展の絵が元に戻る と教えられる

実際に 元に戻り めでたしめでたし



12月中旬 12月26日 までの短期間に実施したARGでした。



--------------------------------------------------------------------

●FUTURE PLAYER をやってみて


・とても短期間の制作体制だった。

準備期間は2週間



・参加プレイヤー数は それ程悪くなかった

→ CDを受け取ってくれた人数は 150~200人

→ サイトのPV数も 悪くなかった。



・ユーザー主体で ハッシュタグが出来、wikiも立ちあがった。



・対象は ARGを知らない人にも楽しんでもらう事

(渋谷に 無差別でチラシを配ったくらいなので)

→ 問題の難しさも あえて簡単にした

→ 意外と あっさり解かれてしまった。
 (早い人だと、数時間で)


→→ ゲームバランスは難しい・・・
  どのタイミングで謎を発動するか?
  時間経過で起きるイベントの間が空きすぎて 空白時間を生んでしまた。



上級者プレイヤーにとっては、全く大した物では無かった

これを初めて触った人に、興味を持ってもらえるのなら 良いな



--------------------------------------------------------------------

●ARGが出来上がるまで

 オリエン  (お客様と会う)
  ↓
 アイデアブレスト
  ↓
 ストーリー、ギミック、フレームデザイン
  ↓
 企画書、見積もり、スケジュール
  ↓
 プレゼン
  ↓
 受注!!!

  ↓
 制作開始
  ↓
 ARG開始 、 運営



・オリエンで 大事な事

”うりもの”は何か?

 ターゲット    (誰に向けるのか?)  
 訴求ポイント   (何を強調する? 製品名を知ってほしい? 製品の具体的に知ってほしい?)
 達成目標     (何をもって達成か?)

これらを明確化し、お客と共通のゴール意識を持つ




・ストーリー、ギミック、フレームデザイン

世界観 、 ストーリー は欠かせない!

ARGの展開場所

どんなギミックを用いるか?  (ついったーを利用する とか)

ARGの骨格

進行フレーム (開始がいつで、終了がいつ  途中のイベントがいつ起きる)



--------------------------------------------------------------------

●例  ボツ企画  デカリス(SEGA)

→ プレゼンしたけど、没になった物を具体例に話します。



・企画の大きなウリ

巨大なテトリスブロック録を持っている人が 街を歩き回る!

渋谷で 巨大テトリス大会

表参道のビルに テトリスのオブジェが並ぶ

webで セガがテトリス工場(架空)の工員を募集する。



・ストーリー

巨大テトリス工場(架空)で、倉庫にあったテトリミノが無くなりました。
探し出してください!!



・大まかな流れ

1.webで、テトリス工場の求人を募集
  工場のサイト、blogを立ち上げ


2.求人の応募を送ったユーザーに 求人は抽選で外れたけれども
 事件が発生して助けて欲しい! と言うメールが送られる

  (ラビットホール)

→ 工場の倉庫にあった、テトリミノが 誰かに盗まれた


3.テトリス工場のblogが 序盤のステージ

→ blog記事、コメント欄を駆使し ミッションをこなしていく


4.ミッションをこなす毎に、表参道に テトリスのオブジェが並ぶ

ゲームの結果が、現実世界に反映


5.最後 テトリミノが隠されている GPS情報を得る
 (日時指定付き)


6.当日、その場所に行くと スタッフに巨大なテトリミノを渡される。

これを渋谷まで 歩いて運んで とお願いされる

多くの人が テトリミノを持ち ぞろぞろ歩いていく

→→ みんなでテトリミノを運んでくれたお陰で 巨大テトリス大会 開始!



--------------------------------------------------------------------

●ビジネスとしてのARG


・お金を出すのは誰?

 商品      ・・・ 玩具(コナンのカード探偵)、書籍、CD
 プロモーション ・・・ PR 、 展示会
 サービス    ・・・ イベント 、 観光 、 施設誘引
 その他


ユーザー? 企業?



・日本にとってのARGの現状

誤解されている。  (単なる謎解きゲームでしょ?)
認知が低い
実例が示せない


・日本向けにするためには?

日本は、海外と 風土・国民性が違う

→ 参加障壁を下げる
  わかるやすくする
  気軽に参加できるようにする


コンテンツパワー

→ 日本では、アニメ・漫画 などのキャラクターが強い

→ 例) コナンのカード探偵
    コナンのキャラクターで無かったら、いくら面白くても ここまで盛り上がらなかった




--------------------------------------------------------------------

●まとめ

ARGは 可能性を秘めている!

どんどん広げていきたい。

ゲームジャンルの一つ では無く、いろいろな物と結びつけられる

iPhone、ついったー、Ustream等の発展が大きな追い風になっている

映像、漫画、小説に並ぶ 新たなストーリーテリングの手法になり得る



--------------------------------------------------------------------

●質疑応答より

・巨大テトリスのイベントについて
偽の求人サイトを作るなど やり過ぎではないか? 企業は及び腰にならないか?


→ もちろん なった。
 しかし、まずは 大きなインパクトを与えるため あえて極端なスタートで提示した。

 その後で、話し合いの上で 丸めていくのは 簡単にできるので


 
・なぜ没になったのか?

話は興味深く聞いてもらえたが
いざ実現しようとなると、話が進みづらい。  (それが日本の現状)


--------------------------------------------------------------------
 

●おまけ

講演者の名刺にも ARGが仕掛けられていました。

スタッフ3人の名刺を揃えると、問題になっている。
その問題を解いて、HPに答えを入力すると 隠しページが見れるようになっています。


→ しかし、本日のセミナーには 残り2人のスタッフは来ていませんでした・・・ 
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[04/23 http://pp5l9n.18mi.net/]
[04/22 http://ay0xlv.99sjp.com/]
[04/20 http://2017.gomyjapan.com/]
[04/19 http://sby49v.jpp9.com/]
[02/20 通りすがりの猫]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]