忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
ちょっと前のですが、「風来のシレン4+  神の眼と悪魔のヘソ」を遊びました。
(スパイク・チュンソフト PSP移植版)




久しぶりの不思議のダンジョンだったりします。

このシリーズ
そもそも一作目の完成度があまりにも高く 既にゲーム要素が揃っているため
新作になって、どのようにゲームシステムが変化しているのか?

その辺りを興味深く見てみました。





ちなみに、ゲームの舞台は 南の島 なので
ゲームの雰囲気の時点で 心機一転です。

(PSPの移植版で遊びましたが、ゲーム内容は 隠しダンジョンが増えたくらいで
大きくは変わらないみたいです)



------------------------------------------------------------------------------------------

●夜

今回の一番大きな 新システムはこれ

ダンジョン中 一定時間を経過させると になります。



まず、夜になると暗いため 「たいまつ」を装備しないと視界が確保できません。
夜になると、それまで居たモンスターが居なくなり 夜専用モンスターが襲ってきます。
たいまつ」を付けていないと、暗くて 巻物も読めません。

この夜専用モンスターが凶悪で 普通の手段では ダメージがしか与えられません。
その代わり、夜専用の8回だけ使え 技だけは ちゃんとしたダメージを与えられるため
それを駆使して 夜を戦うことになります。



敵を8回しか対処できないので、基本は逃げ回り
この技の使用回数は、階段を下りる度に 8回に回復します。



正直、夜は危険です。
凶悪な夜専用モンスターを如何に掻い潜って 朝までしのぐか? と言うハラハラした展開になります。


ただ、この夜システム  好き嫌いは大きく分かれるだろうな と思います。

利点:
ゲームの展開に 大きなメリハリが付き、シレンと言うゲームに大きな変化が生まれた。

欠点:
ゲームのテンポが悪くなる。  (夜モンスターから逃げ回ったり、狭い視界で階段を探したり)
たいまつを持ち運ばないといけないので アイテム管理が更にしんどくなった。 



------------------------------------------------------------------------------------------

●バナナ

 

舞台は南の島なので 食料も 「おにぎり」から、「バナナ」に変わりました。

青いバナナ」は 満腹度が50回復するアイテムですが

壺から出ているバナナは 階移動の際に
黄色いバナナ」(80回復) → 「完熟バナナ」(120回復) → 「くさったバナナ
と、だんだん変化していきます。


従来のシリーズでは 食料は 手に入れ次第、「保存の壺」に入れるのが安定だった ので、そこをちょっと変えてきたのかな
運が悪くて 「青いバナナ」しか手に入らなかったとしても うまくマネージメントできれば 全て「完熟バナナ」になってくれるので 従来より食料で苦しみにくくもなり
好印象なシステムです。


例え 「くさったバナナ」になったとしても
燃やされると 「焼きバナナ」 (満腹度回復 + HP回復)
チョコの壺」に入れると 「チョコバナナ」(満腹度回復 + 特殊効果) になるのも面白い。




そして、バナナを食べると 「バナナの皮」が残り 
それをモンスターに踏ませると 滑って行動不能 + ダメージ2倍状態になる と、戦闘でも有効活用。


なかなか おにぎりではできない、バナナならではのゲームシステムが作られていました。


ただ、このシステム 運悪く 壺が手に入らなかった時だけ 今まで以上に積むんですよね
備蓄食料が どんどん腐ってしまうため その時のみ、ジリ貧になり 厳しかったです。



------------------------------------------------------------------------------------------

●装備成長

武器と盾は使っている内に 成長するようになりました。



カタナ」 → 「いいカタナ」 → 「すてきなカタナ」 → ・・・
と言う感じに

成長すると、武器の基本性能・強化限界・印数が増えたり
装備によっては、特殊効果が追加されたりします。
(最弱の 「やしの棒」は Lv8になると ”ため攻撃”の能力が追加される など)

そして重要なのは その装備の特殊効果が強化される点


例えば 「戦神の斧」は 会心の一撃が出るようになる武器ですが
成長すると 会心の一撃が どんどん出やすくなります。

しかし、「戦神の斧」を他の武器に合成して ”会心の一撃”の印を付けた場合
「戦神の斧」レベル1の効果程度しか 会心の一撃が出ません


今までは、強さと 印数の大きい装備をベースにして合成するのが定石でしたが
装備の共鳴システム (特定の 武器と防具の組み合わせで装備すると 特殊効果が追加される) と合わせて

ベースをどれにするか? 考える余地ができ ここもうまくゲームを変えてきたな と思いました。


ただ、各装備の 装備レベルのMAXは であり
通常のプレイでは 1回ダンジョンを潜るだけでは 全然 ここまで育たないので

ちょっと 装備レベル上限 高すぎない?
図鑑を埋めたいプレイヤーのために ハードルを上げてプレイ時間を延ばしてるだけじゃないか?

と、そこだけ残念に思いました。
(図鑑の説明 面白いので、埋めたくなるけど)



------------------------------------------------------------------------------------------

と、いろいろ細かい変更はありますが
大きいのは この辺りかな? と思います。


いやぁ、相変わらず チュンソフトのこの辺りのゲームデザインのうまさは見事ですね!


ストーリクリアまでの 持ち込みダンジョンについて

タグを付ける事で、武器・防具が失われない と言う救済システム (このシステムは ヤンガスの冒険が初出?)があるので
楽なゲームになったか? と思いきや 装備が失われない前提だからこそ 殺しに来てる難易度なのか?
と、なかなか歯ごたえありました。

そして、今は 延々と もっと不思議なダンジョンにチャレンジしまくってます。


それ以外にも

あがらずの森」    ・・・ レベルが上がらず、装備を強化していくダンジョン
常夜の洞窟」     ・・・ 常に夜のダンジョン
夢中の小道」     ・・・ ありえないくらいの早さで、昼と夜 が入れ替わるダンジョン
ジャガーの狩りの森」 ・・・ HPが500から始まり、一切 HPが回復しないダンジョン
不思議の商店街」   ・・・ お金のみで、アイテムが一切落ちていなく 店で買い物が唯一の手段のダンジョン

と、いろいろなクリア後ダンジョンがあるので かなり楽しめますね。


------------------------------------------------------------------------------------------

●終わりに

そして、ストーリークリアして スタッフロールをのんびり見ていたのですが
(PSP版)

ディレクター 内藤 時浩
と言う名前がっ


えっ、それって 元T&Eソフト の ハイドライド のっ??

驚いて、wikiを見てみたら 確かに 今は スパイク・チュンソフトに所属しているらしい
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E8%97%A4%E6%99%82%E6%B5%A9


いやぁ~
まさか こんな所で、こんな名前を見かけるとは~~




拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[04/24 http://0bojkb.18mi.net/]
[04/23 http://pp5l9n.18mi.net/]
[04/22 http://ay0xlv.99sjp.com/]
[04/20 http://2017.gomyjapan.com/]
[04/19 http://sby49v.jpp9.com/]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]