忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
風雅システム

1990年代のPC98市場で人気のあったソフトハウスです。




代表作は 「アマランス」シリーズ

他にも 「エルステディア」や「新世紀興亡史 デッドフォース
風雅セレクション」なんてソフトも出していましたね


そんな「風雅システム」について です。



--------------------------------------------------------

風雅システム」のゲームで 特徴的なのは
必ず「風雅新聞」と言うものが付いてきていた事です。





ゲームの裏話から、スタッフの内輪ネタ変なコーナーネタ広告などなど
ぎっしり


毎回こんなの付けるなんて かなりの労力なのに凄いな~ と思いつつ、楽しみにしていました。

なんかスタッフが全力で楽しんでやっているのが伝わってきて
それだけで 風雅システムのファンになってしまいますよ。


--------------------------------------------------------

こんな感じで「風雅システムはユーザーフレンドリー」と言う印象が自分の中で 出来上がっていたのですが

もう一つ、「風雅システムって 面白い会社だな~」と思わせるものがありました。
それがこれ



アマランス の説明書より)


●特別付録:特典券

・風雅システム 社長と握手券
・風雅システム プログラマと握手券
・風雅システム デザイナと握手券

 券と引き換えに握手できます。 運が良いとサインしてもらえます。

・遊戯券
 風雅システムで15分間 [BEAT VICE+]ができます。

・飲み物券
 何か飲み物が出ます。 運が悪いと水道水になります。

・お見送り券
 風雅システムから帰る際、「さようなら~」と手を振ってもらえます。

・写真券
 風雅システムの誰か一人と写真を撮れます。 カメラは持参してください。
 運がいいと心霊写真が撮れます。


※直接 風雅システムに持参した場合のみ有効です。
(場所は富山県富山市)
※社内の都合により、来社をお断りする場合があります。
前日までに電話などで確認を取ってください。
突然来社された場合は訪問をお断りします。
※社内では騒いだり、器物に触れたりしないで下さい。




--------------------------------------------------------

ほのぼのとした、面白い企画ですよ!
全力でユーザーと触れ合ってくれる感じがして 楽しさが伝わりました。

この券 使ってみたら、どんな感じだったんだろう~
と言うか、当時のソフトハウスに見学 行ってみたい。


ただ、何か問題あったのか? 人がたくさん来たのか? わからないですが
次回作以降 このような特典券は一切付いてくる事は無かったので ちょっと残念でした・・・


(まぁ、自分に置き換えて考えてみたなら
仕事で忙しい時に 突然のユーザーの来訪があって仕事が止まったりしたら キツイのは わかりますけどね~)




拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[04/29 http://bcsdim.18mi.net/]
[04/28 http://krao5z.copybriz.com/]
[04/26 http://1vm4xv.kopiwatch.com/]
[04/26 Elisa Brown]
[04/25 http://essaysitewatch.com/]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]