忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
シンプルなルールで、とてもワイワイ楽しめるパズル的なゲーム

ファクトリーファン」(4~5人向け)
です。

ファクトリーファン







ポイント
・機械選択時のアクション要素
・機械をコネクタで どう繋げるかのパズル性



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・どんなゲーム?

各プレイヤーが 自分の工場を持ち、そこに機械を置いていきます。

10ターンかけて、一番勝利点を稼いだプレイヤーの勝ち


ゲーム開始時の工場の敷地って、意外と広く見えたり
結局、置ける機械って 最大で10個なので 簡単なのでは? と思ってしまいがちですが

しまった! こんな置き方するんじゃなかった
思ったように 繋がらない~~~


と、ワイワイ騒げる 良い感じのゲームです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ゲーム前の様子

始めにプレイヤーに用意されているものは・・・

ファクトリーファン









工場の敷地
原料コンテナ 4色を1つずつ
貯蔵機    3つ


これらを使い、工場を大きくしていきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・機械について

工場に置いていく事になる機械

ファクトリーファン






例えば ↑の機械の場合

緑1 と オレンジ2 を受け取って、赤3 を吐き出す
これを建てると、6点を獲得できる そんな機械です。


この場合、こんな置き方をすることで 建てられます。

ファクトリーファン





はじめから持っている 緑とオレンジの原料コンテナを繋げて
吐き出された赤は、貯蔵機で受け止める。





次のターン、こんな機械を建てることにしました。
緑2、赤2 を受け取って 青1 を吐き出す機械

ので、↓のような感じで うまく繋げました。
ファクトリーファン








水道管のようなコネクタは、ゲームの中央にたくさん置かれていて どのプレイヤーも好きなだけ使えます。
(ただし、1つ置くたびに 勝利点1を支払う必要がある)



そして、次のターンでは こんな機械を建てます。
赤2、青3 を受け取って 青2 を吐き出す機械

ここでは、1ターン目に建てた機械が吐き出した 赤をうまく活用しました。
ファクトリーファン










このような感じで 前のターンに建てた機械も利用し 効率よく機械を置いていくのが重要なゲームです。

(更に ある機械の吐き出した物を 他の機械が受け取ると コンボ という形で ボーナス得点が入ります。)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・機械選択のアクション要素

どの機械を建てるのか?

これが、このゲームの一番重要な要素です。


まず、始めに 各プレイヤーの前に裏向きにした機械を1つずつ置き 手を添えます
ファクトリーファン








そして 「いっせーのーで」 のかけ声と共に裏返し
その中から、早い物勝ちで 欲しい機械を取り合います
ファクトリーファン








このゲーム、ここだけ アクション要素



これがまた、焦らされて 冷静な判断ができなくなります

その結果

間違えた物 取ってしまったーーーー
左右逆や! これは、建てることできない

と 大騒ぎな事態になります。

悪いのは、それを取ってしまった 自分のせい


↓は、左右勘違いして取ってしまい とても効率悪い作り方をしてしまった工場の図
ファクトリーファン










一度 手に触れてしまった機械は、責任持って建てないといけない
地味ながら、かなり重要なルールです。



ここだけ アクション要素なのですが
それが逆にメリハリ利いていて かなり熱いゲームになっています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・取らない と言う選択肢

取らない」と言う事は とても重要です。


一端建てると決めた機械 (= 手に触れてしまった機械)
が、どうしても建てられない と判断した場合
罰則として -5点の減点になります。


しかし、建てると決めていない状態で 諦める場合
つまり、どの機械にも 手を触れずに 「今回無理だな」と そのターン 機械を建てる事を諦めた場合は
減点無しで、そのターンをパスしただけになります。


この差は大きい!


アクション要素で焦らされますが、その中でも じっくり見て判断しないといけない と言う、
瞬時の判断力をかなり問われます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

基本的には、ルールはこれくらいと とてもシンプルなのがウリです。


軽くルール説明して、「さあ じゃあ、早速やってみましょう」と言えるくらい
まぁ、このゲームの面白さ & 大変さは 3~4ターン目くらいに じっくりわかってくると思いますが



このゲーム性の根幹は、昔あった 「水道管ゲーム」など を彷彿とさせる 新しくない物なのですが

4色をうまく やりとりしないといけない
機械選択のアクション性
と言う要素のお陰で 見事なオリジナリティを出しています。



うまく行くと、こんな感じの工場ができあがります。
単純に できあがった工場を眺めるだけでも楽しい
ファクトリーファン









このゲーム、ヘビーゲーマーにも ライトゲーマーにもウケの良い幅広さがあり
なかなかオススメできるゲームになっています。





拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[05/25 carpet cleaning in chelsea]
[05/24 Madge]
[05/24 Madge]
[05/24 ブランド激安市場_ルイヴィトンコピー品 掲示板(bbs)]
[05/24 Madge]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]