忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この手のジャンルは熱狂的な方が多いので、怒られるかも知れない・・・
と思いつつも、恐れずに書いてみます。





僕が最も面白い と思っているシューティングゲームは「ギャラクシアン」です。

ギャラクシアン









ギャラガ」ではなく、「ギャラクシアン」です。


(少年時代は、例にもれず グラディウス直撃世代
特に MSX「グラディウス ゴーファの野望」は かなり影響を受けた作品ですけど
それでも、「ギャラクシアン」を挙げます)




--------------------------------------------------------------------

ギャラクシアン」と出会う前は
猿のように「スペースインベーダー」を遊んでいました。


スペースインベーダー」が面白いのは もはや言及する必要もないですが

ギャラクシアン」では、「スペースインベーダー」の面白さをベースに
敵が前進して襲ってくる と言う要素が追加されていました


スペースインベーダー」の正当進化で(メーカーは違うけど)
ワンアイデア追加した事で、これほど面白くなるのか と熱狂したのです。


--------------------------------------------------------------------

では、それ以降 いろいろな進化したシューティングが生まれたのに
なぜ「ギャラクシアン」なのか?


弾が1発しか撃てないから です。


ギャラガ」もそうですが、ハードの進化の恩恵で 一度に何発も弾が撃てるようになりました

これにより、敵を倒す快感が大きくなったとは思いますが、
『下手な鉄砲、数撃ちゃ当たる』 みたいな事ができるようになり
弾1発の重みが かなり軽くなったと思います


ギャラクシアン」では、弾が1発しか撃てないので 当たらなかった時のリスクは大きすぎます
そのため、敵を狙って撃つ と言う遊びが かなり強調されていました。

スペースインベーダー」でも、撃てる弾は1発でしたが
敵が積極的に動いてこないため あまり狙って撃つ と言う遊びは大きくありませんでした。



また、敵の編隊(3体で襲ってくる とか)を全滅させると ボーナス点が貰える要素があるのですが
弾が1発しか撃てない外れたら、ボーナス点貰えない 焦らず慎重に狙え

となり、このボーナス点を取った時は かなり快感になれました。




以上より、僕は「ギャラクシアン」一番面白いシューティングだと思っています!!!



--------------------------------------------------------------------

それにしても、最近のシューティングゲームは 敵を狙って撃つ要素があまりにも軽視されていませんか?


弾幕ゲーなんて 特にそうですが
ユーザーの興味は弾幕をかわす事にあって、基本 ボタンを押し続けて弾を出しまくるだけ
(ボスとX座標を合わせる事が 狙うとは指しません)


今の時代だからこそ、狙って撃つ事をゲーム性においたシューティングゲームなんて
逆にいいんじゃないでしょうか?



(ちなみに、個人的に 狙って撃つゲームの最高峰は
バルーンボンバー」です。


バルーンボンバー










狙いが当たった時の快感と、外れた時のリスクが大き過ぎて最高です。
と言う話をしても、誰もついて来てくれないので 残念です。)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[08/18 モンクレール ブランソン コピー]
[08/17 located here]
[08/17 resource]
[08/17 シュプリーム 激安]
[08/16 Ana Clara]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]