忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
人狼ゲーム





人狼ゲームを遊んできました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9D%E3%81%AF%E4%BA%BA%E7%8B%BC%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%82%84%3F


--------------------------------------------------------------------

<世界観>

ある村で、村長が殺されました。

どうやら、村に 人狼が居るみたいです。
村人たちは、皆で話し合い 村を人狼から救おうとします。



--------------------------------------------------------------------

<どんなゲーム?>

プレイヤーは、ゲーム開始時 役割を決められます。

・ただの村人
・特殊能力を持っている人
・狼



村人側は、狼を全部殺したら勝ちです。
狼側は、村人をたくさん殺すと勝ちです。


どうやって遊ぶか?

基本は、話し合いのみです。



1.昼間  村人が話し合いにより、プレイヤー1人を粛清します。
     ↓
2.    狼が、村人を一人殺します。
     ↓


を繰り返し、ゲームが進むにつれて どんどん生きているプレイヤーが減っていきます。
その上で、お互いが 勝利を目指します。




これがまた難しい
初めは全くヒントが無いので、積極的に話し合わないといけません

とは言え、目立ちすぎると 
他の村人に「狼じゃないか?」と疑われたり
狼に殺されたりします。

しかも、狼が村人の振りをして 話を余計かき回してきます

各人が混乱したまま、推理を進めないといけません。



このゲーム、面白いのですが
最大の欠点はプレイ人数

10~23人と、大人数が必要であり さらに、多ければ多いほど面白いと言う
最終的に、14人集まったのは 幹事様に感謝です。


--------------------------------------------------------------------

<村人の特殊能力>

一部の村人は 特殊能力を持っています。


預言者   … 毎日、誰か一人を 狼かどうか? 知る事ができます。  (最重要)
ガードマン … 誰か一人を、狼から殺されるのを守る事ができます。
狂信者   … 扱いは人間ですが、狼が勝利すると 勝ちになります。


などなど


この特殊能力を持った村人の力を駆使して遊びます。

ただ、誰が能力者か? は 本人しかわかりません 
狼が 能力者だと嘘を付き、場を より混乱させるかも知れません。



ちなみに、単なる村人は 能力が無くて面白くないんじゃないか?
と言う意見もありませんでしたが

むしろ、能力に縛られる事無いので 自由にゲームに参加できるので
腕の見せ所だと 面白い
と思いました。



--------------------------------------------------------------------

<ゲーム風景>

「誰が狼か わかんねーーー」
「なぜ殺した!」


と、会話が行きかう すごい盛り上がるゲームでした。


せっき~プレイ的にも

「あの人の発言は矛盾があるので、怪しいです」
「○○と仮定が正しいのなら、あの時 あの行動を取ったことからも 僕は狼では無い事が証明されるハズです」

と、ひたすらロジカルプレイをする事ができました。


意外と、ロジカルで 多くの事を推理する事ができました。


そのお陰か?  2回目プレイでは
「お前、うるさいから 取り敢えず黙っておけ」と、狼から即殺しをされる名誉を受けました。

殺されてからは、発言する権利は無くなるため
「あそこはこうすれば良いのに~~~」と、かなり歯がゆい体験ができました。



--------------------------------------------------------------------

<村長役>

一回、村長役(審判)をしました。

このゲーム、一人は 審判としてゲームに参加せず、ゲームの進行役をするのですが
それも やってみました。


結果、村長は村長で 面白かったです。


他のプレイヤーが 推理で悩んでいたり、間違った行動している時なんて

「ハハハ、こやつらめ」
と、高みの見物的に楽しみました。



それ程、村長役も難しく無いので 一度やってみるのはオススメですね。


--------------------------------------------------------------------

<そして、狼の勝利>

4回遊んだのですが、1回だけ 狼が勝利しました。


最大の敗因は、早々に預言者(他のプレイヤーの正体がわかる人)が死に
狼が 預言者のフリをして、場をコントロールしてしまい

現場は大混乱


最終的に、生き残った村人も 誰が狼が全然わからず
生き残った村人同士が、争い自滅をする と言う・・・
「人って混乱すると こんな事になるんだ」と言う姿を見る事ができました。



--------------------------------------------------------------------

<総括>

とても面白かったです!!!!


会話するだけのゲーム
との事で、遊ぶ前は「このゲーム 大丈夫かな?」と懐疑的でしたが

その魅力に ハマりこんでしまいました。


参加者も皆、楽しんでいて
「また遊びたいのでこの会を開いてください」と言う空気になったのは 最大の収穫ですね。




ゲーム終了後は 感想戦
「あの時は、こう考えていた!」
「あれには騙されたよ!」
「あの時、殺されていなければ!!!」

これだけで、数時間は語り合えるくらいでしんたね~



このゲーム 古典中の古典なのですが
今の時代まで楽しまれているのは、ちゃんとした理由があるんだな

と痛感したのでした。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[03/28 Fatima]
[03/28 sailpolice01.Canariblogs.com]
[02/20 通りすがりの猫]
[12/01 kz]
[07/18 名無し子]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]