忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
ハイソサエティ


とても優れたルールの 競りゲームでした。


ハイソサエティ






--------------------------------------------------------------------

1.目的は 得点を集める事

持っているお金を使って、価値あるアイテム1~10の得点競り
一番高い得点を集めたら勝ち

とてもわかりやすいです。



得点*2 の効果のある物や

得点をマイナスしたり、÷2 したりする デメリットの物
(この場合、みんなでお金を払い デメリットを押しつけ合う
デメリットを受け取るプレイヤーは デメリットを受け取る代わりに、押しつけるために払ったお金は 返って来る)

などの、イベントアイテムが出てくるのが 場を盛り上げます。



--------------------------------------------------------------------

2.大元ルールに 最大のジレンマ

それだけだったら、普通の競りゲームですが
このゲーム 最大のジレンマとなる要素が ゲームの大元にありました。


ゲーム終了時に、お金を一番使っていたプレイヤーは 失格となる。


このルールのお陰で、このゲームは とても緊張感あふれる物となりました。


「あのアイテム、どうしても欲しいけど これ以上お金を使ったら 危険だ!」

「失格になるのが怖くて お金を温存しすぎた!
全然 得点集まって無いよ~」

などなど


元々、競りゲームと言うと 他のプレイヤーとの完全な駆け引き
緊張感あふれるゲーム性なのに

それを更に加速させる と言う。


大元となるルール たった一つだけなのに、
これだけでゲーム性を大きく特徴付けた
のが とてもウマイなぁ~ と感動しました。



--------------------------------------------------------------------

3. いつゲームが終了するか? わからない緊張感

このゲームの終了条件は、イベントアイテムが 4つ出てきた瞬間 です。


なので、具体的に いつゲームが終了するか? わかりません
イベントアイテム 3つ目が出てきたら、そろそろ終わるな と言うのはわかるのですが・・・

それが 次のターン、いきなり終わるかも知れないし
最後の最後まで 続くかも知れない


そのお陰で、競りの勝負どころが 掴み切れず 悩みます

お金を使った瞬間、ゲームが終了して 失格になってしまった。
なんて事もありえるので、次第に 競りで使う金額も慎重になってしまう。

2. のルールと相まって、本当に 競り一つ一つに緊張感を与えました



--------------------------------------------------------------------

と、基本となるゲーム性は 得点を集めるために 競りをするゲーム
それだけなのに

本当に、ジレンマの塊のようなゲームデザインでした。



目を見張るのは、普通の競りのゲームに シンプルな2アイデアを加えただけなのです

それだけで、ここまで 独特のゲーム性を作りだすと言うのが
相変わらず クニツィアの凄さを感じさせられました。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[04/30 http://p1pllj.japannew.net/]
[04/29 http://bcsdim.18mi.net/]
[04/28 http://krao5z.copybriz.com/]
[04/26 http://1vm4xv.kopiwatch.com/]
[04/26 Elisa Brown]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]