忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
これは、2010年2月20日 に行われたセミナーの記事です。



第6回 IGDA 同人・インディーゲーム部会
「同人シューティングゲームの潮流
- 80年代から現代まで、変化から学ぶ実践的な普遍性 - 」




-------------------------------------------------------------------

●80年代 同人シューティングゲーム
「実体験に基づく、少人数制作によるシューティングゲームの提案」


・時代背景 当時のSTGと言えば?
→ ゲームセンターのゲーム
  PC88「シルフィード
→ 弾幕など無かった。



講演者の紹介
→ 90年前後に メインで活動していた
 (今は 足を洗っている)



・80年代のコンピューター (PC88

CPUが遅い
BASIC (インタプリタで遅い)

→ 画面上に 数個のキャラクターを動かすだけで処理がいっぱい

ツールや 情報が少なすぎる
(何千円もするツール や、雑誌頼り)

敷居が高かった
→ しかし、BASICの とっつき安さは とても魅力



・BASICでSTGを作るとしたら

3キャラ動かすのが限界 (自機、敵、弾 で終わり?)
制限の中で いかにゲーム性を出すか?



・アイデア勝負しよう!

→ タイトーの「バルーンボンバー」って 素晴らしいですよね!





---------------------

・当時の教訓から、初心者に向けて ゲーム開発の心得

・ ゲームの面白さのために、”ハードスペック”や”開発環境”の悪さは
いくつかのアイデアで その穴を埋めることができる 



・ 様々なデータを 自分で作る事ができない?

→ ゲーム性には 絵や音は不要
 (とりあえず、ゲームとしては 丸と四角でよい)


一本でも 最初から最後まで、作り上げた経験は とても大きい
 (まずは、大作より 必ず作れる第一作)




---------------------

・PC88STG 「GUNCRISIS


・面データについて

 決まったパターン、決まった場所に敵が出現 (例 グラディウス
   ↑
   ↓
 ある程度、ランダムのアルゴリズムから敵が出現 (例 ゼビウス

→ 面データを 一つ一つ作っていくのは とても大きな作業量

出現テーブルを作り そこからランダムで敵を出すようにした
 (面ごとに、10数種類の敵キャラを配置)

→ 更に、面固有の敵を用意することで ステージに個性を出した



・グラフィック

→ アスキー文字のみ 3*3の大きさ固定




・そこからの教訓

制限がある環境の上でのゲームデザインをした

→ むしろ、何でもできるような環境で 何かを作る方が難しいのでは

制限のある中で作った方が、新しい何かを生み出すことができるかも



・少ないデータで、多様な敵を作る

→ ものすごく強い敵は 作りやすい
 問題は プレイヤーが頑張れば乗り越えられるくらいの敵を作るのが難しい
 (10バイトのパラメーターで いろいろ個性を出した
 しかし所詮はパラメーター調整、より個性を特化したいときは プログラムで記述した方がよい)




・当時のゲームから 一部を修正して、新しいゲーム性を生んだ

→ 例) コナミの”レジャック” → PC88 STG「ジャレック
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[04/24 http://0bojkb.18mi.net/]
[04/23 http://pp5l9n.18mi.net/]
[04/22 http://ay0xlv.99sjp.com/]
[04/20 http://2017.gomyjapan.com/]
[04/19 http://sby49v.jpp9.com/]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]