忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは、2010年1月24日 に行われたセミナーの記事です。



第5回 IGDA 同人・インディーゲーム部会
「ノベルゲーム制作実践テクニック -素材制作の技術と制作管理・宣伝のノウハウ-」




こちらに行ってきました。


前座 では無いのですが、
他の内容とは変わって 法律のお話からスタート

--------------------------------------------------------------------

●同人ゲーム開発者が直面する法律問題


・口約束 も、約束

・証拠を持ってこい これは正しい (証拠が無いと証明できない)


・自分の作品を守るには、いろいろしなければいけない

→ 特許、商標、意匠、著作権、知的財産権の強化・・・


・何もしなくても発生するもの

著作権
→→ 著作財産権 + 著作者人格権


・登録しないといけないもの

→ 産業財産権 (4つ)


・著作物とは?

→ 作者の個性が出ている物


・キャラクターの著作権 という物は存在しない

→ その代わり、『キャラクター初登場の絵』は著作物



・権利を侵害するとどうなる?

→ 民事   損害賠償、差し止め要求、廃棄請求
  刑事   罰金、懲役 など重い

 (例 ときメモ訴訟 225万円の損害賠償)

→ コミケは許されている?
→→ 放置されているだけ
   グレーゾーンと言う物は存在しない (訴えられるとクロ)


・二次創作の権利は、原作著作者にも発生している


・会社より「著作権を侵害している」と警告された場合

→ 戦う事をオススメしない


・自分の著作権が侵害された場合

→ 傷が浅いうちに対応する 
  (広がりすぎると対応しきれない & コストがかなりかかる)



・同人から、商業デビューする事になりました。

契約書 については十分注意する事
→ 後になって 「契約書の内容を理解していませんでした」は通用しない
→ わからなかったら専門家に聞く


・著作権の譲渡について

→ 必ずしも、著作権を持ち続けているのが幸せなのか?
→→ 著作権譲渡後も、ロイヤリティを貰う と言うやり方もある

→ 著作者人格権 だけは、譲渡されない


--------------------------------------------------------------------

と、いきなり真面目すぎる内容からスタート

ですが、皆 熱心にメモを取る
会場全体の意識の高さを感じ取りました。


そして、こちらの講演者 弁護士の方でしたが
自己紹介で「昔はMSXまものクエストとか打ち込んでました」
と言う内容で、いきなりテンション上がりました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[06/26 Ann Weaver]
[06/25 http://t.co]
[06/24 www.linux.ca]
[06/23 bvlgari snake diamond copy]
[06/23 linux.org]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]