忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パワーストラグル







会社を裏で操るプレイヤー達が、会社を食い物にします
如何に会社を食い物にしたか? を競い合う 酷いゲームです。



--------------------------------------------------------------------

<会社を食い物 とは?>

プレイ風景
パワーストラグル







あの手この手で、会社を食い物にします。

・必要かどうかは二の次で、とにかく部署を立ち上げたり
・自分の息のかかった人間を 部長や、役員にしたてあげたり
職権を悪用しまくったり
賄賂を贈って、自分の目的のために 何でもしたり

会社がどうなるか? なんて、全く興味がありません
あるのは、如何に自分が より甘い汁を吸えるか?


テーマがテーマなので、序盤は 「ひでぇ!」と笑いながら ゲームを進めていました。



--------------------------------------------------------------------

<魅力な職権悪用>

各部署で 一番勢力を持っているプレイヤーが部長となれるのですが
部長になった場合、特典として いろいろ職権悪用できます。


管理部
帳簿を改竄して、自分だけ 賞与をより多く ちょろまかす事ができます。


経理部
こっそり、会社の株券を 本来よりとても安く購入する事ができます。


人事部
新しい部署を立ち上げるにあたり、縁故入社などを推奨して
豊富な頭数社員を揃える事ができます。


通信部
会社の情報を前もって知る事ができ、かなり計画立ててゲームを進める事ができます



開発部
「なんか、新しいプロジェクトを立ち上げるので 人材が要ります」
と、勝手に告知して 他のプレイヤーから社員を無理やり引き抜きます。

社員が居なくなった部署は消滅するので、珍しい直接攻撃な行為です。


法務部
社員を 無罪の罪で裁判に訴え、社会的に抹消
そうする事で、「こいつに逆らうとヤバい」と言う空気を流し 社内の影響力を高めます




・・・基本、会社にとっては ロクでも無い物ばかり

これらを駆使して、自分の利益のみを追求します!



--------------------------------------------------------------------

<役員・会長の作り方>

この様に部長特権を駆使して遊ぶのですが
他のプレイヤーに、部内の勢力図を塗り替えられる事があります。

そうした場合、今まで部長だった社員は 辞職するわけですが
その部長は、次の席として 役員になる事ができます。


役員に自分の息のかかった人間を送れば送るほど、社内に影響力を持つので とても良い話
役員の中から、会社で一番偉い会長に選ばれるため 更に良い話



ちなみに、辞職した部長は 役員になる以外に
外部顧問として天下り、利益を貪り続ける と言う選択肢もあるので 自分にとって利益になる方を選びましょう。



・・・無駄に生々しい設定


--------------------------------------------------------------------

<賄賂合戦>

このゲームの要素の一つに、他のプレイヤーに賄賂を贈る

と言う物があります。


この賄賂の贈り方が独特


パワーストラグル

 







上の 封筒に送る賄賂を入れ、相手だけにわかるように贈ります。


相手は、その贈られた額を見て 相手の要求を受けるかどうか? 決定するのですが
どれくらい贈ろうとしているのかを知っているのは、当事者同士のみの情報となるのがニクイです。


そして、封筒に入れてお金を渡す と言う行為そのものも楽しいです。



--------------------------------------------------------------------

<まとめ>

こんな感じで、世界観が とても印象的なゲームですが
ゲーム性も本格的です。

相手が どの勝利条件を満たそうとしているのかを読み
その上で、自分の勝利条件を満たさないといけないため

かなり、他のプレイヤーとの絡みが発生します。


「どの部署を掌握して? どの部署を諦めるのか?」
「誰に、どれくらい賄賂で贈るのか?」
「自分の意図がバレないように うまく立ち振舞わないと」



初めは、その酷い設定から ワイワイ遊んでいたプレイヤーですが
後半は、如何に勝とうか? と真剣になり 静かな中ヒリヒリと駆け引きをしていたのが印象的でした。



ゲームの雰囲気も、ゲーム性も とても良く出来たゲームでした。


それにしても、最終的に 他のどこよりも 経理部に人材が集まり
お金の計算ばかりをしている会社になってしまいました。
会社として それでいいのか?

(と言うか、こんな会社 良く存続していられるなぁ と・・・)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[08/18 モンクレール ブランソン コピー]
[08/17 located here]
[08/17 resource]
[08/17 シュプリーム 激安]
[08/16 Ana Clara]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]