忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011年11月05日にあったセミナーのまとめです。


SIG-ARG 第3回研究会 「元気ARG事例紹介」

ゲーム会社である、元気株式会社が 最近取り組んだ、ARGについての紹介です。


------------------------------------------

●なぜ、ゲーム会社がARG?

デジタルゲームと、ARG には親和性があります。


60分以内に 宝箱を、このステージ内から見つけ出す。
NPCがヒントを出してくれる」

と言うイベントは、ARGとしては

2週間以内に 暗証番号付きロッカーを、現実のとある場所から見つけ出す。
登場人物がヒントを出してくれる」

と置き換えることができます。


→ ビデオゲームと 遊びの根幹は同じ



ゲームの面白さは、プラットフォームに依存する?
(ファミコンには 面白いゲームは無かった?)

→ そんな事は無い

→ ARGは、新しい 一つのプラットフォームだと言えます。
 (メモリ 無限、完全なオープンワールド、同時プレイ人数も 無限
 と、PS4もメじゃない 素晴らしいプラットフォーム?)





------------------------------------------

●みなかみARG 「ぼくらの選択

実施は、2011年 6月~8月
(実際の準備は 4月から行なっていた)


・ARGの目的

1. 国内ARGの実態把握
  (ビジネスになるのか?)

2. ARG運営の技術検証
  (実際、やってみないと わからない)

3. 観光地の周知
  (現実の  みなかみ町の町おこし企画 として実施)



初めから、収益は重視していませんでした。
→ つまりは、赤字・・・



・ゲームの概要

6月

町長からのメッセージが入ったCD-R がユーザーの元に届けられる。
(実際に町長に協力してもらう)

みなかみ町説明会”が 開かれる。
(実際に開き、参加してもらう)

→ 途中で、悪徳企業が乱入


7月

プレイヤーが、差し替え画像の制作、それを新宿のロッカーに入れる
と言うイベント


過去視ミッション
→ 現地に行ってiPhoneのエアタグを見てみると
 ドラマが再生される。
 (実際の場所で ドラマが起きているので 現実感がある)


8月

最終決戦

悪徳企業の説明会が開かれる
(2日にわたって 行われた)

→ 各地の謎を解いて、悪事を暴く



半月に1度 なんらかのイベントを発生させるペースでした。



------------------------------------------

●みなかみARGの運営について


・今回使用したツール、仕掛け

フォーラム
Wiki
ついったー
ARアプリ
メール
FaceBook
Webページ

8名の役者
実際の場所
封書
コインロッカー


今回、特に有効だったのは ついったー8名の役者
ついったーは、登場人物のキャラクターが 実際に呟いている様な体で 運用された。

(登場人物が現実に居る感じを出すことに成功した)


また、ついったーで事足りるのでは と思われる、フォーラムWikiも 未だに重要

→ ついったー だけでは、リアルタイムで情報を拾えなかったプレイヤーが 取り残される



・ARGの効果


参加プレイヤー  87名
コアプレイヤー  18名 ~ 20名 
ウォッチ       680名

女性プレイヤーが多かった


ウォッチの1割強が、プレイヤーに
プレイヤーの1割強が、コアプレイヤーに

と言う法則と 大体合っている。



また 推定で、50000名くらいが このARGを目にした。




------------------------------------------

●運営上のポイント


・プレイヤーの手で 交流の場は、自然に作られる?

→ 日本に限っては、そうではない。
 (掲示板の設置や、wikiのアドレス取得など ハードル高い
 海外と違い、参加プレイヤーが少ないため できる人も少ない)


→ これらは、公式が用意
 (運営は、プレイヤーにやってもらう)



・日本と 海外の違い

プレイヤーが少ない

プレイヤーが忙しい

(他のゲームを遊んでいる途中では、別のゲームは遊べない)

→ 現在 関東において、プレイヤーの数に比べ 行われているARGが多過ぎる


ついったーの情報量が 英語と比べ多い

→ 英語の140文字と 日本語の140文字では 情報量はかなり多い
→ 英語圏では、「詳しくは 掲示板へ・・・」 と書くところを
 日本語は、140文字で 書ききれてしまうため ついったーで事足りる

→ やり取りが ついったーで終始してしまうため
 遅れてやってきたプレイヤーは 情報を拾うことができない




・日本の最大の弱点

場所と人

→ 勝手に使えるような場所は存在しない
  警察に届け出を出したり  ゲリラ的な手法はNG



122日 378時間

→ このARGで 費やされた時間
  運営が かなり忙しい
 (本業と並行してやるので 大変)

→ 運営している間は 休めない
 (シナリオを考え、ゲームマスターとして進行
 登場人物として ついったーで呟き、複数の登場人物の ついったーの行動をまとめ・・・)

 


役者も大変

→ 直前の稽古のみで やって貰う場合がほとんど

→ リアルタイムイベントなんかは、やり直しが効かない 一発勝負

→ イベントの進行に応じて シナリオが変わる場合もあり
  台本が出来上がるのは、前日だったりも

→ 役者の 思わぬ一言が シナリオに大きく影響を与えてしまう場合があるので
  役者も気を抜けない
 (想定外の質問をされ、咄嗟に 思いつきで返答してしまったり)


------------------------------------------

●将来の展望


儲かる?

→ 今は 儲かりません

→ 脱出ゲーム などの、チケット販売型 公演型は 計算しやすい
 長期型は 広告と絡めないと 厳しい


町起こし として、用意される予算は 大体 50万 ~ 200万円


6400人くらい ARGプレイヤーが生まれれば
市場としては やっていけるようになる?



・元気株式会社 としての今後のビジョン


公演型ARGの実施

ARG制作者ミーティングの実施

元気ARG のオープン化



------------------------------------------

●質疑応答より

・何をきっかけで みなかみ町と ARG行うことになったのか?

初めは、みなかみ町にある 講演者の友人が経営するホテルを借りて
ARGをやってみようと 話を進めたところ

その友人が 町に話を持っていき 話を広がって、町全体を使ったARGになった。



・実際に、すべての住民が 協力してくれたのか?

協力して良い と言う人と、したく無い人 が もちろん居る。

→ 町起こし と言っても、必ずしも 町全体が一枚岩 とは限らない

協力したいと言ってくれた人とは、できるだけ 一緒にやれるようにとした。
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[08/16 Ana Clara]
[08/16 エルメス コピー 安心]
[08/16 looky]
[08/15 smdservicesllc.com]
[08/15 franquias baratas 2018]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]