忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、せっき~イチオシのゲームが これです。


ゆっくりあん









ゆっくりあん」(同人)

プレイするのに丁度良い人数は、3~5人くらい



ポイント
・一見 単純に思えて深い読み合い
・ちょくちょく起きる笑い



----------------------------------------------------------------

●どんなゲーム?

各プレイヤーは、数字が書かれたカードを1枚ずつ持っていて 
全員の数字の合計を予測して 当て合う ブラフ系推理ゲームです。

元々は、「コヨーテ」と言うゲームがあり
それを 東方にアレンジ、ゲームバランスに調整を入れた物になります。


パーティーゲームのように軽い気持ちで臨みつつも
駆け引きが繰り広げられる、熱いゲームです。





プレイ風景は ↓のような感じ

ゆっくりあん








そう、インディアンポーカー形式です。

他のプレイヤーのカードは全て見えるのですが
自分のカードだけは 何なのか? 見えない


その中で、初めのプレイヤーは 合計数字を超えない様に数字を宣言します。

次の番のプレイヤーは 「数字を吊り上げて宣言する」「ダウトと言う
の どちらかを選択。

ダウト」と言った時点で、全員のカードを公開し 数字を合わせます
宣言した数字 > 合計数字 の場合、「ダウト」と言ったプレイヤーがダメージ
宣言した数字 < 合計数字 の場合、その前のプレイヤーがダメージ


これを繰り返します。


----------------------------------------------------------------

●例

    <自分の視点>            <隣のプレイヤーの視点>
ゆっくりあんゆっくりあん









自分は 『』『』『』 合計11 と見えて
隣は  『』『』『』 合計10 と見えます。

これなら 12 や 13 と宣言しても 「ダウト」と言われずに 続きそうですね




しかし、一筋縄ではいかない例は・・・

    <自分の視点>            <隣のプレイヤーの視点>
ゆっくりあんゆっくりあん








自分は 『』『』『』   合計12
隣は  『』『』『-10』 合計 -2

と言う状況

「じゃあ、こんなものか」 と、10 を宣言したとします
間違いなく 「ダウト」と言われるでしょう


自分のカードが見えない と言うのは、なかなか厳しいです



----------------------------------------------------------------

●推理と ブラフ要素

文章だけでは、ピンと来ないかも知れませんが
これで なかなか、熱い駆け引きが 繰り広げられます。



推理の要素がある と書きましたが、実際 なかなか推理をする事ができます。
大体のカードは 『0』~『5』と 当たり障りの無いカード

それなのに、途中で 予想外の展開を見せた場合は
自分のカードって 変なカードでは無いのか?」と考えられたり


他のプレイヤーが、なぜ その数字を宣言したのか?
と心理を読むことで、それが推理に繋がる事もあります。


意外と、毎回 絶妙なラインでのせめぎ合いを見せますね。





が、ブラフ的な要素もあり・・・

あえて、過剰に高かったり 低かったりする数字を宣言し
他のプレイヤーを惑わせる事もできます。


もしくは、無駄に自信満々な表情などされると それだけで不安になってしまったりとか



そんな感じで、疑心暗鬼に陥りつつも 推理をする
かなり熱いゲームです。



----------------------------------------------------------------

その他

●インストが早い!

ルールは とてもシンプル
大体 いつも、インストが 3分くらいで終わります。




●見た目はバカっぽい

こんな姿で 遊びますからね

ゆっくりあん







しかし、当人たちは 大真面目に思考を張り巡らせています。





●特殊なカード達

場を荒らすような、すごいカードが いろいろあります。

ゆっくりあん




「×2」  そのまんま、かけちゃいます  (÷2 もある)

「NEXT」  矢印の方向のプレイヤーのカードと 同じものになります。

「⑨」   数字の9でありつつ、更に 足し算以外のカードを無効にする効果


全体的な枚数は少ないですが 良い感じで、ゲームが荒れます

特に、隣のプレイヤーが 「NEXT」を持っていた場合
(自分のカードと 同じカードになる)

もう、どうしろと!」  と思ってしまいます。




●ギャラリーが見ていても 楽しい

このゲームの最大の特徴!
脇から見ていても楽しいです。


全部の情報を知った上で、「あ~ あのプレイヤー そんな事で悩んでいるんだ
とニヤニヤできます。


ゲームも終盤、脱落したプレイヤーは ゲームに参加できないわけですが
その際も、手持ち無沙汰にならず ニヤニヤと残りのゲームを観戦できるので、偉いです、

むしろ、ゲーム参加中のストレスを感じずに済むので
脱落した方が 気軽に楽しめるかも?




----------------------------------------------------------------

と、長々と書きましたが

とてもシンプルで熱く、オススメ!


百聞は一見にしかず 是非とも、一度遊んでもらいたいです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[06/26 Ann Weaver]
[06/25 http://t.co]
[06/24 www.linux.ca]
[06/23 bvlgari snake diamond copy]
[06/23 linux.org]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]