忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
秋葉原UDXであった ”リューナイトトークイベント” に行ってきました。


ゲストは

原作者の 伊東岳彦
アデュー役の 優希比呂
ハグハグ役の 折笠愛


リューナイトファンにとっては、夢のようなイベントでした。



--------------------------------------------------------

ゲストの入場と同時に 優希比呂さんが、アデューの声で一言

「騎士道大原則 ひとーつ 、騎士たるもの リューナイトをずっとずっと 応援しないとならなーい!!」

生の迫力に 鳥肌立ちました!!



会場にアンケート
当時からのリューナイトのファン?

→ 9割以上が手を挙げていました。
 (16年も経っているのに!)



--------------------------------------------------------

●伊東先生の話

リューナイトトークショウ








・リューナイトが制作された背景

当時、SDガンダムで育った層の年齢が上がってきて そこに向けて何か企画が無いか?
とサンライズから持ちかけられた。

伊東先生が得意なファンタジーで、重厚感のあるSDキャラを作った。

→ リューのリアリティのある汚れ などは拘った



ヴァリアブルアクション(フィギュア)を見て

これ、当時あったら 漫画描くの楽だったのに



・リューナイトは実は3部作の完結編だった

あくまで、サンライズ非公式設定です。


PSゲーム 「サウザントアームズ」は 実はリューナイトの第一部だった。

→ ヒロインと一緒に魔法の剣を作って、モンスターと戦う話

サウザントアームズ2」を制作する事になっていたなら
エンディングに巨大な剣を大地に突き立て、それがアースブレードになった。


と考えていた。




--------------------------------------------------------

●優希比呂さんの話

リューナイト







・アデュー役 に選ばれたのは、オーディションだった

当時、ほとんど無名だった時代で 初めての主役だった。

→ オーディション当日、8つあったセリフの中の4つをトチってしまった。
→→ 落ちたとばかり思っていた。

→→ 伊東先生曰く、関係者 ほぼ満場一致で決まっていた。



・アデューの役をする時は、絶叫しないとできない

→ かなり体力を使った。
→→ 本編収録後 あまりにヘトヘトで、予告編の声が出せなかった亊があったくらい



・ダークナイト”シュテル”を見て

「あ、これ 辻谷さん(声優)が乗ってたリューですよ」
と、素の発言

「違う、辻谷さんじゃ無いですね ガルデンが乗ってたリューです。」
と、訂正
笑いを誘っていました。



・一番記憶に残っている 騎士道大原則は?

一つ 騎士は弱者を守らなければならない

→ パッフィーを抱きしめて
   「俺がパッフィーを守るから」のシーンが 今でも、大きく印象に残っている。




・アニメ版とOVA版で アデューの演じ方をどう変えたのか?

実は初め、OVA版のリューナイトとして オーディションを受けた。
→ その後で、ある日突然 アニメ版もするから と言われ、びっくりした。

→→ OVA版と 雰囲気も、監督も違うから
   違う作品として見てもらった方が良いかも と言われた。

(ちなみに、この時 優希比呂さんは 雰囲気を ”ふいんき”と言っていた)

→→ 実際、アニメ版はコミカルで 違っていた。


けど、演技のベースは 両方一緒です。




・当時、ハードスケジュールだった

ある日なんて、”アニメ”収録して ”OVA”収録して ”CDドラマ”収録して
と、とてもハードだった。




・かなり昔の事を覚えられていて 驚きました。

折笠愛さんが ハグハグや、ヒュント以外にも いろいろなキャラをした と言う話で

「折笠愛さん。 アニメ第一話も出ていましたよね
音速バーカ』のセリフで」




--------------------------------------------------------

●折笠愛さんの話

リューナイト






・ハグハグ役 に選ばれたのは、他の人(ほとんどがオーディション)と違い コネでした。



・初め、台本には「・・・」や「ハグハグ」としか 書かれていなかった。

しかし、喋りたかったので 「そうだハグ」「やったハグ」など アドリブを入れた。
台本に書かれていなくても、画面に写っている時は 隙あらば喋ってみた。

→ するとスタッフにも好評
 最終的には、「ありがとハグな」みたいに 台本に書かれるようにもなった。

→→ ハグハグに対しては、伊東先生が産みの親、自分は育ての親 だと言う自負がある。



--------------------------------------------------------

●ヴァリアブルアクション 覇王大系リューナイト  メーカーさんの話

・なぜ 今、リューナイトを出したのか?

→ 開発担当者が リューナイトの大ファンだったから。



・今後の商品予定は?

リューガンナー      デリンガー
リューニンジャマスター 爆裂丸    (今回初)
リューチーフ       シャインバラム
ルーンナイト       シュテル    (今回初)


ルーンナイトが驚きました!
(最後の最後にしか 出てこなかったので)



・OVA版のリューパラディンは出ないのですか?

今は予定していませんが、今後の展開次第では ありえるかも

まずは、OVA版リューナイトが出ますので そちらを是非買ってください。

リューナイト









→ OVA版リューナイト すごいかっこ良かったです!
 これは、思わず買ってしまうかも!!


--------------------------------------------------------

●最後に 一言ずつ


折笠愛さん 「せんせい、大好きハグな~」
→ 伊東先生 「いやぁ、参ったなぁ~~」


優希比呂さん 「騎士道大原則 ひとーつ 騎士たるもの これ(ヴァリアブルアクション) を、買わなければならな~~~~い
       メテオザッパーーーーーー



伊東先生 「16年ぶりに フィギュアが出る事になり、更にラインナップが増えていく事にも驚いています。
     今、サンライズの中にリューナイトが好きな人が居て その人とも リューナイト2的な事をやりたいね と話しています。
     それは、直接的な続編にはならないかも知れませんが
     小さい子供が、応援してくれるような作品は 今後も必要なので
     
     アニメーター そえたかずひろ氏リューナイト2をやりたいと言ってくれている。
     今後、なんらかの発表があるかも知れないので 楽しみにしていてください」
 


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[04/30 http://p1pllj.japannew.net/]
[04/29 http://bcsdim.18mi.net/]
[04/28 http://krao5z.copybriz.com/]
[04/26 http://1vm4xv.kopiwatch.com/]
[04/26 Elisa Brown]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]