忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは、2010年9月11日 に行われたセミナーの記事です。

第7回 IGDA日本 同人・インディーゲーム部会

「同人、商業を通し13作品の制作で学んだゲームの売り方、作り方」


FLAT の方よりの 講演です。
http://flat-software.com/


同人ゲームサークルとしてスタート
2009年に商業に移行した方からのお話です。


----------------------------------------------------

●ゲームを作ろう! と考えた発端

・ノベルゲームを作りたい!

セガサターン 「EVE burst error」に、大変感銘を受ける。

→ 将来、これを超えるものを必ず作る。


→ コンシューマーでゲームを作る?
→→ 自分の好きなものを作るのは 無理だろうなぁ
→→ 自分で なんとかするしかない


PC「AIR」に大感動する。

→ PCノベルゲームは、他のメディア(漫画、映画)にも劣らない物だと認める
→→ コンシューマーと比べると 作りやすいらしい


→ 同人ゲームに挑戦しよう!!



----------------------------------------------------

●同人ゲーム 1作目を作るまで

サークルは 2003年2月 発足


・ゲーム制作については、ド素人でした。

→ しかし、初めから
 「将来 商業になれるような同人ゲームを作ろう」を志にしていた。

→ 「EVE」と「AIR」を超えるゲームを作る事が 目標
 それまでは諦めない




・友人に 一緒に作らないか? と触れまわった。

→ 全滅



・クリエイター達が集まるサイト「同人道」(と言うのが昔あった)
(注: 今 その名前で検索すると、アダルトなサイトに飛ぶみたいです)

→ プログラマ募集、グラフィッカー募集 などを行えるサイト


→ こんな書き込みが
 「パズルゲームのプログラムがあります。
 後、必要なのは 絵や音など 諸々の部分
 それを用意してくれる方を募集


→ ADVを作りたかったが、ADVをいきなり作るのは 敷居が高い
  ADVを作るにしても、実績が無い為 人を集めるのが困難

→ 1作目として、パズルゲームを作成する事にした。




・作るにあたって、その題材


作っても 売れなければ意味がない

→ プレイしてもらってナンボ
  感想貰ってナンボ


→ パズルゲームをどうやって売ろうか?
 (パズルゲームだけを出しても、売れないだろう)


→ パロディ物、成人向けの アドベンチャーが含まれたパズルゲームにしよう。
 (若干 プライドを捨てた)

 あるクオリティのオリジナル作品が 100本売れたとすると・・・

 パロディ物だと、200本売れる
 それが、更に 成人向けだと 400本売れる  と言うデータがあった。




・知らないながらも 体当たりで制作開始

絵や シナリオ、スクリプトを一人で担当

→ さすがに限界
  人を募集しよう (取りあえず お礼として、40万円用意した。)


→ フォントってなんだ? SEってどう用意するんだろう?
 知らない事ばかり、毎日 模索した制作だった。


→ 8ヵ月 ~ 9ヵ月かけて 無事完成

→→ 完成したのは、責任感のお陰
  (スタッフの用意してもらった素材など 無駄にはできない!
  もし、制作失敗したなら 全国回って土下座してくる覚悟を)




・完成しました。 さて、何枚刷るか?

プレスは 1000枚で 40万円 
(500枚でもできるけど、コストが1000枚と ほぼ同じ)

→ もし、500枚刷った場合  単価は1枚 800円

→→ それを1000円で販売した場合、200円しか 利益は無い
  (とらのあな で委託した場合、3割は とらのあな に委託料として払うため
  こちらに入ってくるのは 700円

  → 委託したなら 100円の赤字


→→ 1000枚刷るしか無いのか?



・1000枚するのはあり得ない

途中で思い留まり コピーで 100枚刷る事にした。

→ イベントで販売

→→ 売れたのは 5枚だった・・・

(最終的に 委託で200枚
ダウンロード販売で 100枚 売れました)



・心に誓ったこと

1000枚刷って、1000円で売れる物を作ろう!!

(成功するための 最低ラインである)




・閑話休題

同人には、無償でやってくれる と言う方が意外と多い

→ お礼は良いので、完成品をください と言う要望など

→ 同人ゲームの完成率は 10%
 (90%は、企画倒れ になってしまう)

→→ せっかく素材を作ったのに、そのゲームが完成せずに消えてしまった と言う経験の人も多い


→ 「お金のために 同人をやっているのでは無い
 完成した物が世に出る それが大事」 と言う人が多い




----------------------------------------------------

●2作目以降の話

・DIORAMA-ジオラマ-  (ADV・18禁)

自分の作りたかったADVの第一歩


→ 2000円で販売 、 1000枚刷った

→→ 850枚 の売り上げ (まずます)


→ 価格の設定 2000円台は 厳しい
 (同人は、1000円台の物が多い)


 ムービーは重要である。

→→ ムービーの出来が良いだけで、ユーザーが見てくれる。
   店舗で ムービーを流してくれる。
   ダウンロードサイトさんにムービーを置いてもらえると、2000人ほど サイトを見に来てくれる。




・PHANTASM (横スクロールSTG・全年齢)

ADVを作るのは 2年間と時間がかかり過ぎる

→ 半年 ~ 1年に1本 ゲームを出したい。


→ と作ったが、結果は散々
  450本の売り上げ・・・




・eXceed-イクシード- (縦スクロール弾幕STG・全年齢)

ゲームの内容は 正直微妙な物になってしまった・・・

→ しかし、パッケージのクオリティが とても良かった

→→ 売り上げ 1700本

(内容が微妙でも、パッケージが良かったので 売れた)




・eXceed2nd-VAMPIRE- (縦スクロール弾幕STG・全年齢)

eXceedで貰った意見などを踏まえて クオリティアップを行った eXceedの続編

→ 2300本




・キラークイーン (ADV・18禁)

自分の作りたかったADV 第2作目

→ 代表作になった

→ 初回だけで 4000本 売れた

→→ 勢いが良く 6000本に届きそう! と言う頃に




----------------------------------------------------

●商業へ

・キラークイーンを コンシューマー化しませんか? のオファー

PS2で 発売しませんか?

→ FLATが自由に作ってもらって構わない
 (オファー側からは あれこれ細かい事を言わない)

→ こちらは、そのための出資を行います。
→→ このゲームは面白いので、絶対にウケると思います。


作ることにした。

→ PS2版 10000本売上
  同人の方も、コンシューマー化の話題性のお陰で 17000本売り上げ




・うたてめぐり (ADV・18禁)

大作を狙いすぎた

→ コンセプト、ターゲットユーザーを あやふやにしてしまった。
 (やれば面白い と言うゲームにしたのだが
 やる前に やろうと思わせられない物になってしまった)

→ 失敗だった


声優は とても豪華な方々を使った

→ しかし、企画に魅力がないと いくら声優が良くてもダメだった。





----------------------------------------------------

●まとめ

・これから ゲームを作ろうとしている人へ

まず初めに決めて欲しいのは 高い目標

→ 絶対に 達成させる と言う決意
 (いつか できたら良いなぁ はNG)



・スタッフを集める際のコツ

その人がどれだけ本気か? を重視している。

本気で行動している方々に サークルの仲間になってもらった。
(HPで プロになってやる と言いながら毎日絵をアップしている人 など)

→ 結果、サークルのクオリティがどんどん上がってきた。



・誇りとしている事

今までのプロジェクトで、プロジェクト中 途中で抜けた人が居ない事

→ 相手のやる気 も、そうだけど

→ 自分の本気さを 相手に伝える。
  責任は全て自分にある と言う決意 (責任感
  将来 必ず上にあがる と言う
  みんなで上にあがろう と思える一体感





----------------------------------------------------

●質疑応答 より

・最小ロットは どう考えている。

→ 最低 8000本から




・会社を立ち上げた時の様子

3LDKのマンション1室4人でスタートした。

スタッフは 社員と言う形で入ってもらった。

→ 3人はそこで住んだ。 (一人は通った)

→ 給料はとても安く 手取りで8万円にしてもらった。 (それを2年間

→ それでも、ついてきてくれた

→→ 今では、月数十万 渡せるようになりました。




・立ち上げ時の初期資本は?

同人時代の売り上げ

+ 出資してもらった。
 

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[08/16 Ana Clara]
[08/16 エルメス コピー 安心]
[08/16 looky]
[08/15 smdservicesllc.com]
[08/15 franquias baratas 2018]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]