忍者ブログ
ゲームを作ったり、ゲームを遊びまくったりしている せっき~の生き様。   まずは目次をご覧ください
2012年8月21日 にあった、CEDECの講演についての記事です。


『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』
携帯型エンタテインメントシステムゲーム機 PlayStationレジスタードトレードマークVitaにおけるオープンワールドゲームの作り方




GRAVITY DAZE


講演内容を 大きく2つに分けて まとめました。
主に データの管理の手法 についてです。

(スクリプトについてはこちら  http://sekigames.gg-blog.com/Entry/244/ )


-------------------------------------------------------------------

●まず オープンワールドの定義

ジャンル?
街を自由に移動できる?
ステージに境目が無い?
ロード時間に切れ目がない?

→ いろいろな物がシームレスに繋がっている と言う事



●『GRAVITY DAZE』のオープンワールド性について

GRAVITY DAZE

・ゲームの世界が立体的な構造を持つ

 水平方向に ±1km
 上下方向に ±7km  

の広さを持たせている。
(普通のゲームの場合 水平方向にのみ 世界が広がっているけれども)



全方位アクション

重力方向を変える空間移動

主人公は壁に立てる。
→ 全方向に落ちて大丈夫なよう、コリジョンを設定



・大量のオブジェクトを配置

→ できるだけ壊せるようにした。



●オープンワールドのデータの持ち方について

ゲーム世界は、連続性のあるデータで構成されている必要がある。

→ 原点が1つだけ
  プレイヤーの座標系も1つだけ


地形の連続性に従って、データを連続的に バックグラウンドで読み替えるように実装しないといけない。



-------------------------------------------------------------------

●オープンワールドを作るのは 難しい?

できるのだろうか?

→ やった事がない
 ボリューム的に) 作りきれるのだろうか?
 (通常の開発では) ステージを分けるなどして、分割統治をしてトラブル解決するのだけれども それと全く逆のやり方だ 



めんどくさそう、扱いにくそう

→ 特殊対応や、その場のごまかし が向いていない
  全体として一定の水準を保たせた、厳しい品質管理が必要
  全体ボリュームの見積がやりにくい


オープンワールドのゲーム作成は、チームにとって 大変なチャレンジだった。



●オープンワールドにして (結果的に)良かったこと

・世界は一つだけ と言う事

 概念として 理解しやすい
 一貫性に優れる
 見た目の統一感
 無駄な重複がない  (一つの町に、同じ形の建物を置きたくない とか)
 効率を重視するようになった


など、オープンワールドは 意外と良かった



-------------------------------------------------------------------

●広大な街を表現するデータ構造と読み込み戦略


メモリに入りきらない

→ プレイヤーに移動に合わせて、エリア毎にデータを読み替えていく
→ AABBでエリア分割した。
  (Axis Aligned Bounding Box 軸に並行な直方体)



・遠くまで見える

→ LODが必要  (Level of Detail)
→ ワールドをツリー構造にして管理した。

 

・プレイヤーが高速で空を飛んで移動する

→ エリアを通り抜けた時や、読み込み遅延が起きた時に問題となるので
 対応が必要



-------------------------------------------------------------------

●データ構造について

ツリー構造にした

こんな感じ
15ed6729.jpeg
エリア一つは 大体80m
一つの街は、12~32個のエリアで構成されている との事




・アルゴリズム

(図は 灰色はダミーモデル 、は 詳細モデル を示しています)

プレイヤーがエリア外に居る時、ダミーモデルを読み込む
→ 読み込みが完了次第、ダミーモデルを表示
GRAVITY DAZE


プレイヤーが接近したら 詳細モデルを読み込む
→ ここで、子エリアダミーモデルも読み込み始める
GRAVITY DAZE


プレイヤーがエリア内に入ると、詳細モデルを表示する
→ 子エリアのダミーモデルを表示
  近くにある子エリアの詳細モデルを読み込み
GRAVITY DAZE

→ と、次々必要な詳細モデルを読み込み 出していく

(ダミーモデルは、詳細モデルを読み込み次第 捨てていく)



・プレイヤーが高速移動で通り過ぎた場合
GRAVITY DAZE
→ 子エリアの読み込みを中止する



●まとめ

この仕組みはシンプルで、実装は容易だった

→ 概ね問題なかった
→ 後は データの調整、ブラッシュアップで うまくできた。
 (重そうなところは エリアを分割したり など)



-----------------------------------------

●緊急読み込み処理 について

プレイヤーが高速移動している時に、データの読み込みが間に合わなかった時

→ 最悪、建物をすり抜けたり 壁に中に入ってしまったりする。
GRAVITY DAZE

→→ 大問題


各エリアに「緊急読み込み発動領域」を用意した

→ このデータは 全てオンメモリ

→ プレイヤーが まだ読み込みが完了していない所の 「緊急読み込み発動領域」に侵入しようとした場合 
 ゲームを停止させ、データを完全に読み込み終了するまで待った。
  (ゲームが 数フレーム ~ 数秒止まる)
GRAVITY DAZE

→→ これは、あくまで緊急用処理

→→ 基本的には こういう事が起きないように レベルデザインを心がけてもらった
  (しかし、メディアの読み込み状態に依存するため いつ問題が起きるかわからないので、必要な処理)



●最終的に どうなったか?

歩く速度なら 全く問題なし

もの凄い速度で飛ぶと (ゲーム終盤、キャラクターの成長によってなど) 間に合わない事も起きた


読み込みのスケジューリングの制御がうまくできない事もあり、100%期待通りのスペックにはならなかった

→ 個人的には まだ足りない所を感じつつも、製品としては 問題ないレベル

→→ 今後とも 研究は継続して行っていく



-------------------------------------------------------------------

●パフォーマンスの最適化

とにかく 物が多い

→ 至るところで破壊可能

  1エリアで 1000もの動くオブジェクトが
  5000ほどの背景オブジェクトがある

→ それらを全部ちゃんと動かしていたら、処理落ちでゲームにならない



・プレイヤーの周りの物しか動かさないようにした

→ プレイヤーの近くかどうか? は、AABBによって判定

→ 近くにないオブジェクトは システムの大元から強制的に処理をさせないようにした


→→ プレイヤーから離れたオブジェクトは 地形を貫通するおそれある
  (当たり判定チェックしないので)

  遠くの敵はコリジョンチェックをせず、あらかじめ設定されたパスを動くのみ
  物を遠くに投げた場合、遠くの電柱をすり抜けてしまったりする


→→ レベルデザイナー、AI担当者 は苦労した

  プレイヤーから離れた場合、処理が行われない事を理解した上で 物を配置したり、ルーチンを書く必要がある



→→→ しかし、処理は物凄く速くなった!!!



●つまり

処理しない と言うのが一番早い

絶対的に数が多いので、思い切る所が必要



-------------------------------------------------------------------

●量産効率のためのスクリプトの利用


これについては、 http://sekigames.gg-blog.com/Entry/244/ にて まとめました。




-------------------------------------------------------------------

●まとめ

やってみて、オープンワールドのための 特別な技術 と言うのは無かった
(全て 既存のゲームで使う技術)


一番重要なのは、シームレスである事を 常に意識すること


PS VITAで、オープンワールドを作ることは可能だ」 と言う事を証明することができた

→ 十分な性能、大きいメモリ、シリコンメディア

→→ オープンワールドは怖くない!!



 

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
素晴らしいです
プログラマさん達は、ユーザーの知らない所で色々考えてやってるんですね
NONAME 2012/09/25(Tue)19:43:32 編集
プロフィール
HN:
せっき~
性別:
男性
職業:
ゲームプログラマ
自己紹介:
古いパソゲー、ボードゲーム、カードゲームを熱狂的に遊んでいます。


ついったー
http://twitter.com/seki_seki_seki

連絡先は
sekisekiseki(あっと)gmail.com
最新コメント
[04/30 http://p1pllj.japannew.net/]
[04/29 http://bcsdim.18mi.net/]
[04/28 http://krao5z.copybriz.com/]
[04/26 http://1vm4xv.kopiwatch.com/]
[04/26 Elisa Brown]
カウンター
ついったー

Copyright © [ せっき~のゲーム屋さん ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]